KEMPIRE

How deep is your Love?

今日の一曲

MUSIC SOUNDS BETTER WITH YOU / STARDUST

musicsounds
2個のカクテルグラスになみなみとスパークリングワイン。バーカウンターにてセルフで注ぎ(だからなみなみ)、ホームパーティーとはいえ20畳近い居間のフロアを直線的に横切る。途中、知らない意気のイイお兄ちゃんやお姉ちゃん達にぶつかりながらも、一滴もこぼさず横切る自分の華麗なステップに感心する。そして君が待つ部屋すみに勝手にしつらえた二人だけのラウンジへ。

ここまで来て一滴でもこぼしたら元も子もない感じなので、君に届くや否や、手を伸ばしてカクテルグラスの責任を譲渡する。片手になって余裕が出てきた。今かかっているこの曲にあわせてオールドスクールなステップを君の回りで披露。君は笑いながらそのファンキーステップを眺めてる。

君はカクテルグラスに口を付け、スパークリングワインの泡がその唇で弾ける様にドキドキし、思わず視線を落としてしまう僕。そうすると君の細い足首に、ミラーボールの光が反射してきらめくダイヤ付きのアンクレットがまぶしく、グラスを持ちながらよろめきそうになる僕。視線を一体どこへ向ければよいのだろう。

今日の君はほんとにゴージャスだ。さてこの後どうしたものか。このまま酔った勢いで中庭にあるプールサイドのジャグジーへ誘ってみるか。

♪MUSIC SOUNDS BETTER WITH YOU / STARDUST続きを読む

SYNFONICA / BRAINCHILD

synfonica
お盆ど真ん中&終戦記念日の今日、こんなとこご覧の皆さんご苦労さまです。今日もアホらしい一日でしたね。朝っぱらからのお祭り騒ぎからどーも嫌な予感で、やはり8月ど真ん中なやたら暑い&不快指数も満点でした。

少しでも涼しげな音楽をと勝手に思い好きなジャーマントランスで。うーんドラマチック。シンフォニカですからね。多分ジャーマンクラシックの一つかと思うんですが、このブレインチャイルドってのはACバウツェンという人の名義だそうで、この人は他にもシグナスXっていうもの有名かと思います(昨日リミックス作は書きました)。この曲も典型的ジャーマントランスで、特にドラマチックなアルペジオを奏でつつビートともろ同期しているピアノが、いかにもです。

♪SYNFONICA / BRAINCHILD続きを読む

PACKET OF PEACE / LIONROCK

packetof
流れ出ライオンロック(ジャスロバ)の多分傑作EPなど。
これタイトル曲の本人による2バージョンはほんとつまらない曲なんですが、むしろカップリングが凄い。両方とも同じ曲(代表曲"PACKET OF PEACE")で、1バージョン目をケミブラが!2バージョン目をジェフミルズが!やってます。

彼らケミブラのこの頃(96)の趣味出まくりな中近東風コーラスと初期的ビッグビートでかっこよかったー若干過去形ですが。ミルズの方も凄い。彼は本人は穏やかな人らしいんですが、これはなんでしょう、そんな彼がUR時代に垣間見せた暴力的サウンド全開のミックスとなってます。正直すご過ぎです。

金属を引き摺るような恐らくクローズドハイハットによるSE音的リフレイン&ボーカルサンプルの細切れから始まり、こちらも若干ビッグビート臭のするブレイクビートをブリッジ(掛け橋)的に挿入後、TR-909そのまんまのキック&ハイハット&ミニマルテクノ的ベース等加わり、やはり脅迫されてるようです。

♪PACKET OF PEACE (JEFF MILLS WRECK MIX) / LIONROCK続きを読む

FUNKY GUITAR / TC 1992

tc1992

古い感じですみません。グループ名通りの年代ですが、これ知る人ぞ知る系の大昔"RICH IN PARADISE"や"GOING BACK TO MY ROOTS"等、初期ハウスの超ヒットでも知られるイタロハウスの人達FPI PROJECTの変名だったりします。それまたさらに古い話なんですが…

そんな人達のこの年発表のクラブトラックを(しかしTC1991〜1995まで毎年あったんですけどね(笑)、ジャスロバことJUSTIN ROBERTSONがリミックスしてました。また古い人の登場です。

しかしこれはいつ聴いても燃えますよ!僕だけ?初っ端のインチキ臭い(シンセでしょうけど)ホーンからガーンと脳天直撃なんですが、その後もブリブリグイグイって感じで、少しウェザーオール師匠節なんかも感じさせて、まさにバレアリックハウスのテンプレートのような曲、かと思ってるんですけれどね〜どうなのかな〜

♪FUNKY GUITAR (LION ROCK INNA MILANESE STYLEE) / TC 1992続きを読む

EASTER ISLAND / ART OF TRANCE

easterisland
さっきまで送電線トラブルにも関わらずイースター島に行ってたんですが、
いや凄い事になってましたね〜なんでしょあそこは地上の楽園?男も女も老若男女、全裸ですよ。
全員なので全然やらしくない、どころか服着てる僕の方がやらしい。速攻脱ぎ捨てて僕も全裸に。
というかなにあそこ?地上の全ての生き物、いや、植物も全て、森羅万象、生を謳歌してますね。
当然、モアイ像も踊り狂ってましたよ。でっかい石なのに危ないったら!ぶつかったら即死ですよね。
実際僕がいる時にも何人か死んでたな。沈む夕日、その反対側からは早くも朝日が。
生と死が交錯し、時の流れすらその場の力によって捻じ曲げられ歪んでいく、宇宙の交点。
その真中に位置するんですよあの島は。まさに広大な宇宙に浮遊するフィラメント、
真理が発火するための触媒となりうる、なにゆえか地球上に存在する奇跡の島。イースター島。

♪EASTER ISLAND (CYGNUS X REMIX) / ART OF TRANCE続きを読む

DJS, FANS & FREAKS (D.F.F.) / BLANK & JONES

djsfans
予告中の"THE WAVE / RAGING"見つかりませんのでかわりに見つかったこれでも。ブラジョン(通称)ですが、既に何個か書いてますけどカテ作ってない所からも、そんなに好きでないアーチストです。

そんな人たちをコズミックスがやってます。この曲はまあまあのヒット曲かと思いますが、エレクトロテイストを持った、でもトランスです。好きでないと言いましたがこの曲はわりと好きです。エレクトロ(&テイスト)には目がない者で。(ちなみにPVまでありまして、大昔のデュランデュラン等ニューロマンティックをパクったようなありがちな物だったんですが、でもそれが一番面白いかも>この曲)

その原曲が持つエレクトロは最初の内だけで、直ぐに四つ打ちになっちゃうのが残念な彼ら流ハードトランス仕立てです。他に言うこと無いですね。

♪DJS, FANS & FREAKS (D.F.F.) (COSMIC GATE REMIX) / BLANK & JONES続きを読む

THE TRUTH / COSMIC GATE

truth
もう少し涼しくなってから書こうかと二階にある自分の部屋から出て下の居間にいましたが、またいつの間にかこうやってPCのある部屋に戻って30度を下らない暑さのなか書いてるわけです。

なぜかまたコズミックゲートでも。しかもスヴェンソン&ギーレンリミックス込みの"THE WAVE / RAGING"(予告)ってのが無く変わりにシスFリミックスの方の曲。

でもこっちも良いですよ。コズミック(略)の原曲はなにかいまいちな相変わらずのハードトランスですが、こっちはシスF氏お得意のグイグイくるビート群(キック&ベース)といやにドラマチックなブレイク部、と典型的シスF節です。

♪THE TRUTH (FERRY CORSTEN REMIX) / COSMIC GATE続きを読む

IN THE NAME OF THE FATHER / BLACK GRAPE


午後4時、相変わらず部屋の中35度くらいあるんですが…そんな意識朦朧タイムがまたやってきました。非常にイイ感じです。そんな時こそ!ブラグレで!

いやほんとイイっすわ〜このボーっとした瞬間にある意味沁みる。なんでしょこのヤケクソ気味、しかし、希望が溢れてくる感じは。ショーンライダーのやる気無しなボーカリゼーション!かっこいい…だのになんで希望が溢れてくるのでしょうか。それはきっと彼が稀に見る天才である証拠。ホーリースピリットインミー♪まさに。

♪IN THE NAME OF THE FATHER / BLACK GRAPE続きを読む

SUNSHINE & LOVE / HAPPY MONDAYS

sunshinelove
でやっぱりハピマンで。昨日のUS盤マキシもそれなりに良かったんですが、これはそれ以上ですね。というのは結構豪華な内容。タイトル曲の"SUNSHINE & LOVE"のUK盤マキシの内容+α的にここにも収録の"JUDGE FUDGE"のB面だったビージーズの"STAYING ALIVE"(&"24 HOUR PEOPLE"も!)など収録です。

ベストトラックはその"JUDGE FUDGE","STAYING ALIVE"(&"24 HOUR PEOPLE"も!)ハピマン的に非常にやる気なしトラックで良いのですが、なんと言っても1曲目"SUNSHINE & LOVE"のジャスティンロバートソンリミックスです。展開もあり、相当気合入ってます。音数も多いな〜

当時'92年の彼全盛期な感じのバレアリックハウストラックです。当時彼がリミックスする際のメイン名その名も"LION ROCK MIX"です。もたついたようなドッタドタしたビート&ホーンの音&チャカポコ鳴り物多し&ソウルフルな♀黒人コーラス辺り、その典型です。

ジャスロバ(と言ってました)のミックスはそんなに知りませんが、その中では個人的に一番好きなミックスです。

♪SUNSHINE & LOVE (LION ROCK MIX NO.1) / HAPPY MONDAYS続きを読む

HARD TO SAY I'M SORRY / CHICAGO


シカゴ!イイですね!心が洗われる思いがします!この僕の薄汚れたいや汚物にまみれてしまった心が、と別に卑下はしたくないんですが。

まあとにかく、私このベストしか持ってないんですが…1曲目とか超ヒットかましてましたよね。洋楽好きの人は誰でも知ってる曲ではないでしょうか。

"HARD TO SAY I'M SORRY"か〜確かに…なかなか言えません!問題発生時、相手が理不尽な事や明らかに間違ってる事のがわかっている時は特に。まあそんな時はこちらが謝る必要は無い、のかもしれませんが、それでも事を荒立てないように、とか、反論したら角が立つなという時などは、こちらから謝る場合もありますね大人社会では。

つまらない事を書いてしまいました!シカゴに失礼です!メンバーの事とか知りませんが(ピーターセテラって人は知ってるな)、メロディーがイイですね〜どアメリカンロックとの意見もあるのでしょうが、泣けてきますね!嗚呼あなたに素直に謝ることができたなら、どんなにイイことか…という歌詞?

♪HARD TO SAY I'M SORRY / CHICAGO続きを読む
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives