KEMPIRE

How deep is your Love?

音楽

The Gift / The Sisterhood

20180104-2037_415325591
新春あけましておめでとうございます。ともう2018年が14日も終わっているではないか!14日…びっくりだよ、年取ると月日が経つのが早いとは本当だね…14日あったら世界征服も出来ただろうに、何やってんだ!いまだにお屠蘇気分でーす!ウィウィ〜
20180106-1342_415607028
(前列と後列の温度差)


gift
実質的な音楽も私は好きなんですが、チラ見のネット上では案の定というか「音楽的」にはあまり評価はされてない言わば1.5期のシスターズオブマーシー=シスターフッド唯一のアルバムのようです。まあ犬も喰わないような?痴話喧嘩にも似たご存じシスターズ×ミッションの分裂劇の貴重な資料的ブツともなるアルバムじゃないかと思うんですが、DISCOGSや上記ネット情報によると、Wハッセイ等脱退後もAエルドリッチのボーカル入り曲を海賊的ながらもリリースしたりしたミッションサイドにブチ切れたらしい氏が、ハッセイ等がこのThe Sisterhoodというバンド名で再スタートしようとの情報を嗅ぎ付けて先に使ってしまおうという、一時期流行った?ドメイン名を先に取った者勝ち(後に企業などにふっかけて売る)と言えば何かかっこよさげなので(笑)どちらかと言うと先に言った者勝ちのガキの喧嘩のような所からスタートしているというアルバムとも言えますし、たしかに上記のように音楽的には認めない人もいるように、氏がベッドルームで即席的に作ってしまったデモトラックとさえ言える、チープな感触の全5曲とも言えます。しかしゲストにはスーサイドのアランヴェガ氏や後の第二期シスターズでの相方Patricia Rainone嬢や、氏自身は歌っていないながらもJames Rayというわりと似ているボーカリストなどを迎え、2nd「Floodland」の前哨戦のような言わば瑞々しくやはり勢いのある楽曲をここで聴くことが出来ると思います。2曲目"Colours"などは第二期シスターズとしても再録されていたりと、やはり「Floodland」へと繋がっていくのは誰が聴いても明らかだと思うんですが、個人的には何か綺麗にパッケージングされた商品のような「Floodland」よりも、こっちの荒削りな感触の方が実は好きです。まあ当たり前の事を書くようですが、「シスターズを知っている」聴く人によって賛否はわりとはっきり分かれるかもしれないアルバムなのでしょうか。

DISCOGS


Gothic Rock 2 - 80's Into 90's / VA

20171224-0414_413071665
20171224-0417_413071746
ゴシッククリスマス!というお題で撮ってみたつもり。こういう時にはイケ魚(ウェディ)に戻るという。まあ絵になるからかな。そう両者人間同士ではいまいち絵にならないのでね。こういう時は。こうやってゲームなんてやってる時点で両者リアルではボッチクリスマスということが暴露されてしまった12/24のブラックナイトホーリーナイトクリスマスイブ♪


以前Vol.1を書いたタイトル通りゴシックロック?(あまりこのタイトルには納得してないのですが)系コンピそのVol.2のようです。ディスク1「Out Of The 80's...」は筆者でも一組Under Two Flagsを除き一応全て名前くらいは知っていたのでゴスロック〜ポジパンのビッグネームばかりだと思います。一曲目からバウハウスなんですが、まあ元祖という意味もあるのでしょうか、比較的軽めの曲"Kick In The Eye"から始まり、その後もシアターオブヘイト、サザンデスカルト、ヴァージンプルーンズ、スペシメン等々と、やはりこの手の元祖〜先駆者的大物バンド達が続きます。ただ各曲当然名曲であろうと思うんですが、何と言うか歴史をただ辿っていくような感は否めません。まあそういう意図もあるかもしれないコンピなのでしょうか。しかし中には他ではCD化されてなさそうな音源(詳細調べてないので間違っていたら謝ります…)個人的には例えばプレイデッドの後期の名曲"This Side Of Heaven"などが12"バージョンで入っていたのは嬉しかったりします。

実はディスク2「...Into The 90's」の方が興味深く聴けたのですが、と言うのは浅学さを暴露することになるのですが、ディスク1では一組だけ知らなかったのに対して、ディスク2は逆に一組Rosetta Stoneだけしか知りませんでした。なので当たり前の初聴きのバンド&曲ばかりで、そういった意味でも面白かったのですが、これは今後音源を探っていく際の参考になりそうな盤だと思ったところです(一組でもご存じの方は是非ご教授願いたい)。たしかにビッグネームどころかこの手のジャンルでは大御所ばかりのディスク1と、そういった意図もあるのでしょうが対比も面白く、当然名曲ばかりであるディスク1が何か権威を獲得した長老のように思えて、こちらのディスク2は荒削りながらもそれらのディスク1へのカウンター的な勢いを感じます。ただそのような感じなのでもちろん下らない曲もあるにはありますが(例えばラストの2 Unlimitedをカバーしている曲など)やはりディスク1ではあまり感じられなかった、若気の至り的な勢いが初々しくも音楽的モチベーションの原点(発端)を感じられて、清々しいほどです。もしかしたらビッグネームばかりだったVol.1よりもVol.2(のディスク2)の方が、貴重かつ意味のあるコンピかもしれません。ちなみに筆者のはJungle Records(UK)盤なんですがCleopatra(US)盤とはディスク2の最終盤の収録曲が一部違います(ジャケの色目も違うようです)。

DISCOGS


Kult Dance Klassix / VA


まあ人によっては日常の風景かもしれないけど、筆者的には珍しかったので書いとこうか。という終電帰宅(2時半)からの始発出勤(5時半)を初めて体験。きついね(笑)それだけなんだけど、ああいうこと毎日のようにしてる人も意外といるかもなと思ったので。としたら過労死や自殺もしたくなるわ。偉いよそういう人達。でもいわゆる社畜だろうけどね。というか帰宅せず社内とかで仮眠してる人のほうが多いか。文字通り社畜だわ。ほんとご苦労さまです!なのになんで日本の景気はよくならんの?要領が悪いからです…し、し、師走らしい、ね、ね、ネタを書こうと、したんだな(山下清)

某ディスクユニオン新宿クラブミュージック館?にずーとあって誰も買う気配がないので筆者が拾ってあげた微妙コンピです。500円でした。ぱっと見ラインナップはビッグネームだからけという感じで、もしかしたらその辺で敬遠されてたのかもしれませんね。まあ筆者もまだざっと聴きなのですが、とりあえずディスク1の一曲目からブルーマンデーのそれも88年バージョンという時点で微妙です。ただその後はセクション25の代表的な曲となり、個人的に気になった曲としてはピグバグや"Voodoo Ray"のFナックルズバージョンや、ディスク2に行ってグレースジョーンズ、AONやチューブウェイアーミー辺りでしょうか。それ以外も全て取り立てて珍しいバージョンでないながら、たしかに各ニューウェーブ、テクノポップ、テクノ系のビッグネームアーチストの代表的な曲ばかりと、各曲抜き出してi-Phoneなどで単曲で聴くには便利なコンピかもしれません。ただまあこうやって寄せ集めを通して聴く意味はあまり感じませんね。しかし500円なら買いでしょう。

DISCOGS


From The Lions Mouth / The Sound


レビュー音源を独自YT化の第何弾かです。知ってる前提で書きますけど(笑)週変わりのピラミッドはめんどいのであまり行かないんだけど、ドラクエ連れ(笑)のために、アクセサリーが出るとの(これも週変わり)第3,4霊廟へ行った際の動画。それだけだけど長さがちょうどレビューのアルバム(一曲目)とあったのでね。これは第4霊廟のほう。第4霊廟なんて楽勝なんだけど、それは絶大な強さのサポ仲間お二人さんのおかげであるのがよくわかる動画だね。わいら二人はポンコツだからねえ…ポンコツカップルとでも呼んでくれ、略してポンカツ、アイカツみたいな感じで。

fromthelionsmouth
ネオサイケ名バンドの一つではないでしょうか。しかしレーベル(Korova)メイトにネオサイケの巨人エコー&ザ・バニーメンがいた為か?なにかと比べられるという非常に不憫なバンドだったかもしれません。たしかにエコバニほどに凍てつくようなメランコリックさや、またヒリヒリとするような緊張感は、やはり比べてしまうと弱いのかもしれません。しかしエコバニに無くてこのバンドに有るものは何だろうかと思うに、アマゾンレビューなど読んでしまったせいもあるかもしれませんが(笑)名ボーカリストとの呼声もある故Adrian Borlandの情熱的な歌声は、これがイアンマカロックだったとしたらどうだろうか?と想像すると、このバンドのネオサイケながらも何処か大陸的な広がりやおおらかさのような物はこのボーカリストとの相性から来る所も大きく、そのような大陸的な広がりがある雰囲気はエコバニには無かった部分かもしれません。と言うよりもジャンル的にはネオサイケだったとしても、このようなサウンドはこのバンドの唯一無二の極めてオリジナルな部分かもしれません。ネオサイケには珍しいタイプのあまり内省的ではないバンドのような気もしてきます。ところで2014、15年にはボックスCDセットが二組出て一組目にも本作はまるごと収録ですので、この名作2nd(だと思う)を持って無く聴きたい人はそちらでも良いかもしれません、が、このかっこいいジャケと単体でのアルバムも堪らないものがあります(笑)ちなみにPro.は当時のエコバニなどでもお馴染みHugh Jonesです。にも関わらず、似ているようで実は全くと言うほど似ていないのが、両バンドの妙であり、それをここで聴くことが出来ます。

DISCOGS

Full Album

Equalizing Distort / Gauze

20171121-1335_408165096
だいぶ前の本日のベストショットでも。この格好はあかんやろ(笑)バニーガールのうさみみが余計な気もするけど、メイドさんたちからもらったでかいぬいぐるみ?に挟まれた座り心地は快適だろうな(笑)こいうカウチをリアルで作ってみたいね。左の人だれ?知ってる?でも真ん中の人が一番かわいいな。

equalizingdistort
なぜかガーゼの2ndのようです。門外漢なりにこれしか持ってないんですが、本作が1986年リリースなのに対して3rdはもう1990年代以降のリリースということで、個人的にはあまり食指が動きません。まあ要は80'sが好きなんです、特にバブル前夜〜バルブ期〜バブル崩壊辺りまでが。そんな本作もバブル前夜という雰囲気を感じなくもなくどころか、場合によってはビンビン感じます。歌詞など見ても上り調子であったであろう株相場などに浮かれ気味の当時の社会に対して「それでいいんですか?」なんて言う程度ではない、完全に喧嘩を売ってるような当時で言えば過激な歌詞内容の気がします。特にやっぱり一応芸能関係なのか、当時のアイドルやおそらくジャニ○ズ系の日本のショービズ構造に対しては相当いかってた模様で、言わばファンを搾取されるプロレタリアート、それを食い物にする搾取側(ブルジョワ階級?)への攻撃という、そういった意味でもハードコアパンクの伝統を忠実に踏襲している歌詞内容と、過激で早急な8ビートのパンクのやはり王道的なハードコアだと思います。但しこの現代に聴く意味はあまり感じませんでしたが、しかし今の米国の方が少しリアリティを持って聴けるようなそんな気もしました。ちなみに米国ではPrankというハードコアパンク系レーベルからリリースされ、一定の評価と知名度も獲得したそうです(1990年代)。

DISCOGS

DJ Pierre / DJ Pierre


収録曲をYT化して筆者のドラクエライフ()を無理に見せていくシリーズです。まあ今回は彼女目線の中ボス戦かな。PS4らしいんで、知らないんだけどドラレコ的に?全部自動録画してて好きな時にファイル化?できるんだってね。便利だね〜そのファイルをノー編集(最長の1時間だそう)で送ってもらって、筆者がレビュー音源に合わせて編集、なんて偉そうなもんでなく単に曲の長さに合わせて前後を切っただけ。相変わらずド下手のバトル(両者ともにね)が笑える(笑)

DJ Pierre
DJピエール師匠の他名義も含めておそらく唯一のアルバムかもしれません。当然のように?原盤はStrictly Rhythmなんですが、どうやら本国US以外の国では唯一日本のAvex Traxから邦盤が出ていたという、この手の言わばニッチな市場があって世界の中でもそれなりの円グラフのパイの一翼を担っている不思議の国日本はさすがだな、と変な感心もしてしまいます。どうでもいいことでしたが、冒頭のようにいったい何個別名義があるのか?と思う師匠なんですが、軽く調べただけですが全名義を通して唯一のフルアルバムはそういった意味で貴重かもしれません(しかし筆者の主な情報源であるDISCOGSで本作は何故か!?シングルのコーナーに分類されてました。DISCOGSもいい加減な所ありますからね…)。さて肝心の内容、版権を持つStrictly Rhythmからリリースされたこの1994年までの幾つかの他名義作品から収録されており、言わばBest Of DJ Pierre (The Strictly Rhythm Years 1991-1994)とでも副題を付けたいくらいなんですが(しかし上記Avex Traxからは堂々と「ベスト / D.J.ピエール」としてリリースされてました)それにしてはこの1994年時点での新曲が本人DJ Pierre名義で収録されていたりと、少し中途半端な感も持ってしまったアルバムです。しかし、UKで師匠の名をクラブシーンとはいえ轟かせたUKでの超クラブヒット曲の1曲目Photon Inc."Generate Power (Wild Pitch Mix)"でこの人にしてはファンキーに始まり、この人本来のサウンドのような気がする硬質な所謂ワイルドピッチスタイル(1〜2小節にすべてのトラックをぶち込み抜き差しの妙で徐々にビルドアップしていくスタイル)のハードハウスに深化していく様は、徐々に洗脳されていくようなまさにMind Blowingな全10曲だとも思います。とにかくワイルドピッチスタイルの見本市としても、師匠の唯一のアルバムとしても、両方の意味で貴重な一枚かもしれません。

DISCOGS

No Politics / Quentin Harris


わいと彼女の戦いぷりでも見てってーな。いやかもしれんけど。ヘボヘボぷりが初々しい。
わいはいつまでたってもバトル上手くならんな〜彼女のほうが上達早い気がする。若いていいね。


前エントリーの人もそうなんですが、この人ももうなんとなく過去の人感もしてましたが、なんと本2017年にはウルトラナテとのユニットとしてニューアルバム(File)を出しているというDISCOGS情報には、ほんの少し驚きました。しかし本作は記念すべき1stにして、この2006年以前にShelter Recordsなどで培ってきた、彼流?のチープな打ち込みサウンドにゴスペルテイストも感じられるような(多分にポジティブそうな歌詞の所為もありますが)ボーカルやドラマチックなストリングスサウンドなどが乗るといった、ある種のミスマッチ感が魅力のサウンドによる、この時点での集大成的アルバムかもしれません。ただ、中にはアルバム消化曲のようにも聴こえる、または当時のUS的ショービズへの色目なのかもしれない(商業的に売るための)R&B調曲なども挟まれる所などはいただけません。また本作は日本では3曲入り(といってもアルバム曲のエクステデッドバージョンなど)ボーナスディスク付きで売られていたようですが、日本以外では酷いギャングスタ的なジャケと、なにより上記邦盤のみに収録の代表曲"Let's Be Young"が未収であり、どうやらそれら商業的にはあまり成功しなかったように思います。結局"Let's Be Young"でしょう。でも一発屋とは言いたくない(笑)もし万一買うなら邦盤です。

DISCOGS

Detrimentalist / Venetian Snares

20171121-0502_408138393
ヤーマン!メイクサムノーイズ!ジャジャジャジャーングルマーン!ウィキッド!はい彼女に(土下座して)人間の大人の女になっていただきました回。大人の女いいね(笑)でもまだ子供に見えるけどね。まあ前の小さい子よりは大人なのか。小さい子相手だとなにか後ろめたいけど、この子でもまだいけないことしてる気がするな(笑)お人形さんみたいで画像あげたお姫様コス?ではコスのせいかあまり感じないけど、ホットパンツのヘソ出しルック?は、オガ子とはまたちがった、オガ子では出せない、みょーなエロさがある。言ってしまうと(彼女には言えないよ)お人形でもダ○チワイフぽさがある…まあ(ドラクエ)美容院でまったく別人にもなれるわけでそういった意味では何でもありだな。俺も美容院で超絶イケメンにもなれるわけだ…イケ魚(ウェディね)に戻って行くかな。
20171121-0511_408138676
美女達がお誘いを待ってるけど中でも君が一番綺麗だよ。ネーナさん…


今となっては少し過去の人という感も漂っている?ヴェネチアンスネアー(ズ?)の2008年のアルバムのようですね。どうやらこの辺りの年(正確には知りません)にはブレイクコアとかいうジャンルがあったようで、その代表的なアーチストの一人ではないかと思うんですが、しかしこのアルバムを聴く限りでは、もやは10年も前の作品ということもあってか、割りと真っ当ないわゆるドリリンベースサウンドのようにも「一聴」聴こえます。真っ当なドリルンベースサウンドとやらがどのようなサウンドなのか?は、素人考えではまず発明者であろうエイフェックスツインやそのフォローをしたスクエアプッシャーやμ-ziqくらいしか思いつかないんですが、本作はそのまたフォロワー的にも聴こえるし、彼らが敷いた路線のある意味終着地点のような、ドリルンベースサウンドのフルアルバムの完成形とさえいえるような全10曲ではないでしょうか。そうすると、まあもしかしたらこの学派の文脈としては周知の事実かもしれませんが、ドリルンベースサウンドからブレイクコアが派生し、その端境もここに見ることが出来るような意味のあるアルバムかもしれません。しかしDISCOGSのスタイル:にもはっきり記載されてるように、また私自身も感じたのですが、ドラムンベースから出来たドリルンベースながらも、ここには底はかどころか明らかなほどの、それら全てのルーツであろう、ドラムンベースの前身でもあるジャングルへの憧憬のようなものも感じます。というか一曲目などそのままジャングルなんたら〜というサンプルも飛び出す彼流ジャングルそのものなのかもしれませんが。そんな彼アーロンファンクによるジャングル復興の意志も感じられる、つまりドリルンブレイクコアジャングルとさえいるようなサウンドとして聴けました。資料的にもまた内容的も意味のある傑作アルバムかもしれません。

DISCOGS






Who's Been Sleeping In My Brain / Alien Sex Fiend

20171118-0700_407433628
20171118-0707_407434222
バージョンアップ?大型アップデート?どっちでもいいのだが、人間の姿を大人⇔子供と好きに変身できるようになったので(ただし一回毎3000G!)今度は私が子供になってみた編。彼女に土下座でお願いしてこのような画像になりました。下の方はあっち向くとシャレにならんので、また(股?)隠すために後ろ向き(笑)だいたいパンツ見えるよな格好してるほうも悪い。だけど私はぜんぜんエロくないと思うんだがね。画質(画素?)が低くて…ドラクエも8Kにしろ!しかし私の人間子供の顔なんかむかつくなー(笑)できれば今度は彼女を大人の人間にしてみたいと思う(また土下座して)しつこいかい?まあ前段ネタだよ。



このバンドのメジャー(いや正確にいうと当時のインディーレーベルからなので正規デビューというか)デビューアルバムになるようですね。当時1980年代初頭〜前半には例のポジパンムーブメントが主にUKとJPで盛り上がったと思うんですが、リアルタイムで知らない者はこのような当時の勢いをCD媒体のみとはいえ感じられるのは、この録音技術が発達した現代は良い時代だなと思わさる程です。まどろっこしくなりそうなので、言わばその正反対のようなこのバンドとそのデビューアルバム、凄いですね。この手のジャンルでドラムマシンを多用したのはシスターズオブマーシーの専売特許かと思ってしましたが、このバンドも負けていません。代表曲であろう"Ignore The Machine"とは皮肉交じりの反語的タイトルかと思うんですが、その曲が一番顕著で、当然とてもチープというよりもなにかエレクトーンに付いていたリズムボックスのそのまたプリセットパターンをただ流して、しかしもちろんその他、生ドラムや軽く薄っぺらいギターそしてベースレスバンドという事でシンセベースもどきのようなブーンという低音などの上で、このバンドの特徴なのか?もちろん意味は殆どないであろう歌詞をすれっからし風に?歌うという稀代の名曲です。しかし"Ignore The Machine"はわりと歌詞の量はあるようですが、その他曲ではタイトル連呼するだけだったり(e.g."New Christian Music")と、まあその他曲もだいたいそんな感じなんですが(笑)しかし故にその統一感で、いわばその勢いだけで突っ走るとんでもないアルバムですね。

DISCOGS


The House That Trax Built / VA

暇なんで、前エントリーのお約束どおり彼女をオガ娘と人間姿でメイドのネーナさんとタイマンさせてみた!企画。
20171117-0027_407156924
「あんただれ?」
「あんたこそだれ?」
「わたしは正妻だけど?」
「正妻wじゃあわたしゃ愛人か?」
正妻はネーナさんなんだけどな(笑)というおっぱい対決!

20171117-0044_407163098
「おかあさん!わたしこんなに高くジャンプできるんだよ!」
「すごいね〜わたしより高いじゃないの!」
「うんそうだよ!この浮き輪つけるとすっごく高く飛べるんだよ〜!」
「よかったね〜買ってくれたお父さんにありがとう言いなさいよ!」

そんなとこだな。


この手の初期シカゴハウス系?コンピは掃いて捨てるほどあると思うんですが、まあ我が家でもそれなりにある中、とりあえずこれが今日目についたので(笑)しかしそんな前置きはこのコンピに対してとても失礼なんです。Fナックルズ永遠の初期シカゴハウス名曲"Your Love"から始まり、LハードのFingers Inc.での代表曲であろう"Washing Machine"の後、まさにシカゴハウスここにあり!と世界に知らしめたほどのまさにThe House Music Anthem(と後に改名された)"Move Your Body"、そしてトリにラルフィーロザリオの代表曲"U Used To Hold Me"と来れば、たった10曲ですが何かシカゴハウスの誕生から初期ゆえのもの凄い勢いを、誕生からもはや40年近く経ってしまった今でも、こういったパッケージングされたCDからでも、そのエネルギーが感じられるとは正直驚きではないでしょうか。どれもこれも宝石のような、いや正確に言うと宝石の原石のよなポテンシャルを秘めた珠玉の名曲群でしょう。どの曲一つ外せません。

DISCOGS


livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives