KEMPIRE

How deep is your Love?

Rare

The 150 Murderous Passions 日曜の朝はこれで決まりだね!

150
わーい!スルー・ザ・ダークネス!
日本全国梅雨入りとともに(北海道は無視ね)、
昨日の記事が無視され気味がちょっと悲しい…
まあそんなもんだが…しかも土曜日だし見てる人いないっぽい…
でも!季節を一歩先取りで、気分はすっかり梅雨明け宣言の
goglemanって人が書くブログKEMPIRE音楽市場です。

&これからは人々、特にこんなとこ読んでくれてるお前たちの為に働きます!宣言。

さて昨日のお約束通り今日はホワイトハウスです。けしてウソではありませんでした。
昨日ビリージョーで、今日ホワイトハウスってのはなんかあざといかな?とも思いましたけど、
他にコレといったネタも見つからず断念。でお約束どおりホワイトハウス。(以上お断り)
これはなんでしたかね?たしかNurse With Woundとの極初期コラボ作
The 150 Murderous Passions(同タイトル)名義の作品です。

ほんと極初期傑作ですね。ホワイトハウスのレーベルCome Organisationからの。
今聞いても最高に燃えますが、でもさすがに年月24年の隔たりは感じずにいられませんかね。
だってこの後これ真似する輩が雨後の竹の子族(古っ)の如く出てきたわけですよね。
詳しくないですが、Ramlehとかはモロ真似&SPKとかはこれの前?後?&
メタリックなノイズコラージュという観点からはノイバウテンなんてのも一応系譜でしょう。

ノイズ大国ここ日本なんか、灰野敬二(漢字違った?)、ハナタラシ、メルツバウ、K2、
暴力温泉芸者、マゾンナとか辺?みんな真似したんじゃないの?
で関西のアルケミー系とかにもいったわけ?ほんと詳しくないんで詳しい人いたら教えて。

とまあそんな感じの大金字塔ノイズ金太郎飴作品でしょうか?
いやほんと最高だな…やっぱテンプレートでしょうノイズの。
個人的にはインテリチックなナース色ありのB面Part Twoよりも、
ベネット色大というかのみ?のA面Part Oneの単純な凶暴性に軍配をあげますね。

ノイズってほんと誰でも出来るんですよね、やる気になれば。しかしそこからが問題で、
まあよく言われることですけど、誰でも出来るからこそ、センスが問われるというか。
かくいう当方も結構試しましたけど単なるオナニー=独り善がり作品にしか成り得ませんでしたね。

マイコックスオンファイアー!(わかる人はコメント)

今クレジットじっくり見ましたが、やはりA面ベネット&B面ナースのみPRO.作品でした…
↑文直すのめんどくさくて。

♪Part One / The 150 Murderous Passions続きを読む

Moaner / Underworld バットマン&ロビン

moaner
何故かまだバットマンネタで。自分でも何故バットマンなのか?
良く分からないでやってるんですけどね。多分ビギンズやるから。
それにまだあったんだもーん>バットマンネタ。
だからしょうがなーいじゃーん(昨日のフレーズ気に入った)。

でもこれは大好きなアンダーワールド物です。
好きなんですよねアンダーワールド。リミックスワーク等含め結構持ってますよ。
特集組んで欲しかったら言ってネ。めんどくさかったらやらないけど(笑
だってもう収拾つかないんですよどれが何処にあるやら。。

さて本作。カールハイドの例のアジテーションなボーカルが片方チャンネルのみから流れてきて&
痛い音のウワモノシンセリフ&超単純なシンセベース&また極単調な四つ打ちキック&パッド、
のみで出来上がっているような怪作。

最初聞いたときはブチキレましたけど。いやイイ意味で。もはやその時のインパクトは感じないなー…

でもこのEPは、もはや微レア気味になってきてると思うので、
好きそうな人は見つけたら即買いだと思いますよー。微妙に長さの違う3バージョン+
ここのみ収録の3曲目Relentless Legs Mixなんかもファンキーでイイので。
バットマン&ロビンの妖しい(関係)ジャケも良かったりして。
これビニールじゃないねレザーだね…>延陽伯さん

♪Moaner (Short Version) / Underworld続きを読む

Kiss From A Rose / Seal キスねぇ…

kiss from a roseなんとなくロマンチック路線またはナルシスト路線に入った感じの
KEMPIRE音楽市場かな。

うんロマンチック。
シール「つまらないギャグを言う巨人のローズにキスされてもな〜」
(これがつまらないギャグなんだが)じゃなくて
「バラのような君にキスされて」かな?違約すると。
シールはいいですね。かっこいい上にボーカリストとしても極上でしょう。
ハスキーかつファルセットなボーカルにしびれる〜

この曲はバットマンフォーエヴァーの挿入曲ですね。
バットマンシリーズは1とそのフォーエヴァーしか見てませんけど。
今度のニュービギニング?だっけ?も見るかどうかはわかりませんねえ。

フォーエヴァーもたいしておぼえてませんけど、
ニコール・キッドマン演じる女が、昔から憧れのバットマンに夜這いされても(いやほんとに)、
なんか最近付き合ってる実業家(=ヴァル・キルマー=バットマン)の事を考えて、抱かれない。
がしかしバットマン=その実業家なんで、バットマンは帰り際にひそかにイヤラシイ笑みを浮かべつつ帰る
ってところしかおぼえてない。

で曲なんですけど、、極めていい曲だす。知ってる数少ないシールの曲中でも五指には入ります。
なんつっても曲自体も良いし、歌詞も良い。

「かつてそこは孤島にそびえ立つ灰色の塔だった。
しかし君が来て僕のダークサイドを照らしだした。
愛はドラッグだ。ピルではないのにハイにしてくれる。
(中略)
ベイビー、僕は君の事を墓の上に咲くバラからのキスだと思っているよ。
でも時々、君の事を遠くに感じる。まるでストレンジャーのように。
そして君のバラはよりいっそう咲き乱れる。
そして僕の墓は、その光に映しだされてぼんやりと輝いている。」

かな直訳&違約すると。うんかなり理想的(笑

ただこのEPはカップリングのBT&Sashaによる違う曲"I'm Alive"のRemixもいいんですけど。
アマゾンではバカ高マーケットプレイス商品しかないようなので、巷の中古屋で探してくださいね。
きっとある。と思う。

♪Kiss From A Rose / Seal続きを読む

She's A Star / James 秋の夜長にどうぞ

she's a starジェイムスはわりと好きだった。
と言ってもアルバムは「ゴールド・マザー」と
それのリミックスアルバム(タイトル忘れました)
しか持っておらず、よりにもよってここでも、モグリなわけだ。

しかしEPは何枚か持っており、その中で一番のお気に入りは
A・ウェザーオール率いるセイバーズ・オブ・パラダイスとのコラボEP
"Jam J"なのだが、
それはあえて外し(いつの日か取り上げてみたいと思います)、
比較的近年の名曲、と言っても早8年前1997年の曲、"She's A Star"である。

ここでもA・ウェザーオールによる傑作リミックス"Come Home"まで入っているが、
それは上記リミックスアルバムにも収録なので、当方的にはいまさら目新しさは感じない。
それよりも、"She's A Star"収録のアルバムを持っていない為、その"She's A Star"原曲及び、
テクノアーチスト、デイブ・エンジェル及び、バイオスフィアことGeir Jenssen(読めません)による
二つのリミックスも素晴らしい。

中でも後者、バイオスフィアによる秋の夜長、一人孤独な天空のスペースステーションより、
ボーカリストティム・ブースが、小さく見える我々が住む地球に向かって
「君はスターだよ」と歌いかけてくるアンビエントなバージョンが特に秀逸だ。

She's A Star (Andrea's Biosphere Mix) / James続きを読む

サテライトセレナーデ/鈴木慶一 今日は自己憐憫系で

satellite serenadeブログを書くかな。かなマナカナかわいいかあれ?
あれって何だよ?失礼な。君、それは礼を失する行為だよ。
気を付けたまえ。たまえって名前はどうなんだ?
義経における、うじきつよしの存在はどうなんだ?
どうでもいい存在。俺?なわけねえじゃん。。うそ?
だからうそ?って何だよ。うそと本当の境界線を引いて下さい誰か。
後は頼みましたよ。あなたに。
俺の屍は鹿が食っていきました。それを食う虎。俺は虎になったのか?
いやいやまだまだ、虎は死に、ハイエナに食われ、ハイエナも死にハエに食われ、
ハエはもの凄い勢いで繁殖するが、それもやがて殺虫剤で殺される。
では俺はあの殺虫剤のカンになったのか?それは無理にもほどがある。
鉄朗が大きな機械のネジの一本になるならまだしも。
フェイクだフェイク。こんな人生は。もっと真人間として生きていけ。
今日広島原爆後の復興の番組をやっていたではないか。
あんなような必死で街の復興に汗水と血を流してまで尽力するのが、
本当の人生。だから誰か!本当とウソの境界線を一刻も早く引いてくれ!
そうしてもらわないと俺は生きていけない。まさに他力本願の人生。

最近めっきり涙もろくなりましてねえ。歳のせいか。
テレビなんかでも何を見ても泣けてくるんですよ。
ERなんて見たら5回はむせび泣きますね。嫌いだけどねER。
最近我ながらビックリしたのは、アニメのコジコジで
正月君とひな子さんに子供が生まれ、それをメルヘンの国のクラスメートみんなで、
お祝いしたりした場面、で泣き。友情ってイイなとか。

いつから俺はこんな暗い人間になったのか?どこでどう間違ったのか?
昔は、なにを見ても笑うあんなに明るい子、だったのに。すみませんお母さん。

いっそ一思いにやってくれ。誰か。できれば女の人でお願いします。
音楽。

サテライトセレナーデ/鈴木慶一続きを読む

The Rocking Chair / Andrea Parker エピソード靴砲牢待

rocking chairシンガーソンガーっておめでてえな。
KEMPIRE音楽市場です。
なんか聞くところによるとバーレーンに勝ったらしいんですが、
見てないでブログとか書いてた俺は非国民?

anakin1夏のスターウォーズおもしろそう!超期待。
なんとかの復讐ってやつ。テレビ予告見ただけでちょっと鳥肌もの。
アナキンがアナキンが…もうすっかり一丁前の立派なジェダイの騎士の逆。
かっこいいなーあいつ。なんて役者だろう?知ってる人教えて。
ちょっと少年らしさも残しつつ、がたいとかでかそう。抱かれたい…
という間にサイト見ました。シスの復讐っていうのか。だけどシスって誰?

anakin2しかし、純真無垢な少年が、何ゆえに、ダークサイドへと落ち込んで行ってしまうのか。って所には美学を感じてしまいますね。俺だけ?そんな事ないですよね。みんなそうですよね?一昨日くらいベルセルクの最終4話くらいやってたけど、あんなものにも通じるような。アナキン=グリフィスって感じで。でもあのアニメ嫌いなんだけどね…見た人がいたら分かり易いかと思い、便宜上持ち出してみました。

anakin3正直スターウォーズの「お話」の部分とかどうでも良いのですが、今回のエピソード靴蓮
その転換点(アナキン→ダースベイダー)の部分がクローズアップ&重要なモチーフのようなので、
そういった意味でも絶対見ますね。みんな見るよね?

The Rocking Chair / Andrea Parker続きを読む

I Know / Bark Psychosis

independencyKEMPIRE音楽市場です。

いわゆる精神年齢的には16?
いやせいぜい13才くらいのこの人goglemanですが、
恋愛に関する考え方も極めて幼稚で、こっちは多分…
小学校で好きな女の子に対し素直になれず、
いじめちゃったりするレベルの幼稚さですね。

なんでこんなこと言ったかと言うと、今日はそんな僕ちゃんがちょっと背伸びして
大人な恋愛ってこんなもん?みたいな妄想を膨らまして書く前振りみたいなものとして。

で早速、状況&場面設定的には、ひなびた温泉街なんていいですね〜
そこでですね、まあ温泉旅行に来ているカップルなんですが、夕暮れ時↓

ある夏の日、日没時間は恐らく7時半くらいだろうか。まだまだ明るい夕暮れ時、
二人は村営のしかしそれにしてはなかなか立派な露天風呂のある温泉へと向かっている。

二人は二十九歳と二十六歳。職場恋愛のカップルだ。しかし職場はその事を知らずにいる。

二人は旅館のゆかたを手にし(旅館から着ていかないのは風呂上りにさっぱり気分を味わいたいから)、
旅館の下駄を履きカラカラさせながら、その温泉へと向かう。

混浴ではないのだが、露天風呂の男女間の境目は粗末な籐のスダレのような物で隔たれているのみ。
シャンプーなど二人分も持っていくようなものではないので、お互いそのスダレの塀を越して
受け渡しなどする。

風呂からは下に流れる河川も見え、そこには釣り人などがいる。
まだまだ明るいので、「お前、あんまり近くで立ったりしてたら向こうから見えるぞ!」
とか言いつつ、なごやかだ。

当然男のほうが風呂は短いので、先にロビーのような所の扇風機の下でビールなど飲み涼みながら、
女が上がってくるのを待つ。実に幸せな時間だ。

女が上がり、旅館への帰途に着くわけだが、なに、なにも一切急ぐようなこともなく、
ぶらぶらと、そのひなびた温泉街の土産物屋などのぞきつつ、職場の同僚用に不味そうな温泉饅頭や、
つまらないキーホルダーなど、いつもだったら絶対買わないような物など買ったりする。

しかし女はこんな所でも買い物は好きだ。
先頭に立って、そうも多くない土産物屋を全て制覇する勢いで店屋の暖簾を次々とくぐる。

後ろから、そんな女のゆかた姿の、特に、若干後ろ衿の開き過ぎている襟元に
アップにしながらもほつれてうなじへとしな垂れている、まだ乾ききっていない髪を見ながら男は
幸せな気分とともに、何か抑えきれない衝動も感じていた。

書いててちょっと、というかかなり恥ずかしくなってきましたので、今日はこの辺で。
もしリクエストがあったら続きとか書くかも?
でもちょっとめんどくさい感じなのでやらないかもしれませんが、、
もしやるとしたら…予想をくつがえすショッキングな結末ですよ(笑 多分ダークサイドです。。

I Know / Bark Psychosis続きを読む

Pygmalion / Slowdive

pygmalion昨夜のマイブラよりシューゲイザーな気分を引き摺っている
ここKEMPIRE音楽市場です。との事今日もスローダイヴなぞ。

1st,2ndなどより格段にレアな3rdラストアルバム"Pygmalion"です。
何故レアかと申しますと、恐らくこの頃レーベルのCreationはほぼ潰れかかっていた&故に、USへのディストリビューションも当然打ち切られていた為、US盤ではリリースされてないからです。ちなみにアマゾンでは、このアフォがっ!みたいな値段で売られております↓ただ、個人的には2ndの方がずっと好きですが。。しかし、ここの1曲目はそのダウナーさ加減で、大好きですので。
ですので、今日はアルバム単位と言うよりも今日の1曲、といった感じでお楽しみください↓

あとは、まだお時間もありますので久々に詩を書いてみたいと思います。

田舎のあぜ道に毛が生えたような県道を抜けて行き、
坂を登りきり、下り坂へと入った途端、道の両側ともに、
じつに見晴らしのいい荒野のごとき展望を見せた。
とっさに僕はここで君に殺してもらいたいと思った。
そして、道端に打ち捨てられ、朽ち果て、腐食し、
小動物昆虫バクテリア等に分解吸収され、土へと帰るのだ。

♪rutti続きを読む

Retrospective / My Bloody Valentine

mbv今日はなにやらマイブラッディヴァレンタイン
な気分のここKEMPIRE音楽市場。
そこで、普通のLP(CD)orEP等出しても
KEMPIRE音楽市場的には面白くないので、
&レア路線ということで、
それなりにレアなMBV初期音源集「Retrospective」で。

いやほんと!詳しくないんですけどね…これは何でしょう。
クリエーション時代以前在籍していた
レイジーレコード時代のEP集のようですね。調べましたが。もちろんブートですが、
一番くらい有名なブートかとも思います。↑ではなんか詳しくなさげな感じですが
(多分そのほうがかっこいいとか思ったから)、実はこれ2枚目なんで、1枚目オクで売りまして、
アナログ(Raritiesシリーズという物)のオマケつきで2万で裁きました。なかなかおいしかったです。
僕とMBVとの出会いは、やはり"Soon EP"&"Tremolo EP"辺りからですので、
最近も最近、と言っても早10年?、ですので全く遅ればせながらって感じです。
でもイイですよね>MBV

このブートももちろんそんな後期クリエーション時代のあの混沌サウンドからは10万光年くらい離れている
ガレージパンク?ブルージーサイケロック?なサウンドです。思わず、ツイストでも踊りそうですが、
そこはそれ腐ってもMBV、初期クリエーションにも通じるノイジーさはもちろんありますので。よろしいのかと思います。

いやイイですよこれ、今も聞きながら、盛り上がってます。もしかしたら今くらいの初夏の季節にぴったりかも。
この後の梅雨の頃にもいいかもね。かもねかもねSOかもねはシブがき隊の100%SOかもね。
モワーっとして湿度高め、で逆療法?なんかボーっとしてきたんで終わりたいと思います。

We're So Beautiful (今日は出血大サービスでフル、なんてサイズ小さいからね)続きを読む

Icons Of / The Orb インタラクティブ

icons of the orbマルチメディア広場のKEMPIRE音楽市場です。
現在インタラクティブ通信中です。しばらくお待ちください。

また小林か!この変態め!3人目じゃん>小林
奈良の件の人も小林でしたよね。小林と言う人に恨みはありませんが、
今日はジオーブネタで。

今日も宇宙と光通信で交信。いろんな事が解ってきた。
どうやら宇宙とは一つの生命体の単なる一つの細胞のような物。
それら無数の細胞が一つの生命体を形作っているようだ。
そしてお互いの細胞(宇宙)はどうやら生物で言うところの神経細胞のような物で繋がっており、
お互いの情報はそこを通ってインタラクティブにやり取りされている。そして驚くべき事に、
その一つの生命体さえも、いくつかまとまってより大きな生命体のような物を形成してるなり。
もちろんその小生命体どおしも密集状態で、隣接する生命体と何らかの情報のやり取りを行っている。
どこまで続くのかこの連鎖。以上外宇宙に出て見て始めてわかったなり。
そして我が人類も、いつの日か、それら神経網を通り抜けられるような光の存在となるのだろうか?

♪Into The Fourth Dimension (Essenses In Starlight)〜No Fan続きを読む
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
読者登録
LINE読者登録QRコード