KEMPIRE

How deep is your Love?

Apple Music

Lion Dance (Remix) / The Moody Boys

liondance
このソロユニットも主な所はだいたいあってありがたいのですが、しかし彼(Tony Thorpe)が在籍していたロンドンの伝説的?ホワイトファンクバンド(Tony Thorpeは唯一の黒人ですが…)400 Blowsの音源はありがちな寄せ集めコンピで1曲ずつでしか聴けないという、その辺がボーダーラインなんだよなApple Musicは…と偉そうな感想をつい持ってしまいます。しかしまあ青春時代の友?ムーディーボーイズの主な所がこうやって家に居ながらにしてざっと聴けてしまうのは感謝です。ちなみになぜ表記がオルタナティブ表記?(名義)のThe Moody Boyzの方になってるのか?がマニアな筆者には気になりました。いや検索する時、一字でも間違えると予想変換でもAppleの場合出てこなかったりするのでその辺ちゃんとしてくれよと…

載ってる音源のレビューとしては、XL Recordingsからは衝撃的?デビューEP"Journey Into Dubland"やAウェザーオールによる傑作リミック入りの"Centre Of The World"やThe Black Dog Productionsとの傑作コラボ"Shango"等、何でもいいんですが(笑)筆者履歴から書いてしまうとThe KLF経由で知ったこの人はいかにもUKクラブミュージックという勝手なイメージ(まあ当たらずとも遠からず…)の人が、US(NY)クラブミュージック界の人たちTommy Musto & Frankie Bonesがリリース契約をして?自分たちのレーベルFourth Floorからリミクシーズリリースしてしまった本盤には少なからずショックを受けたものです。

それから30年近く経った現在聴いてしまうとさすがにかわいらしいくほのぼのとした牧歌的サウンドには聴こえてしまうのですが、しかし個人的気付きとして当時はFボーンズの方を神と崇めていたくらいの筆者は彼のB面ばかり聴いていたから気付けなかったのか又は当時からは多少大人になったのか、A面のTムストーによるいかにもNYディスコ界の真っただか中で育った人ならではの、やはりどこか華やかにしてラリーレヴァン等から受け継いだのかもしれないディープさとでも言えそうなものを感じる2バージョンの凄さと素晴らしさにやっと気付けたのは、Apple Musicのおかげなのでしょう。ああムーディーボーイズ原曲もジャングル崩れのブレイクビーツ調で愛おしい…ガイア!

DISCOGS
Apple Music

Voodoo Ray EP / A Guy Called Gerald

最近観たカタルシスの無い惜しい映画3作!の発表です。全くつまらないとは言わないけど、もっと良くなりそうなのにどこがいけないのか?淡々として単調なのが共通してると思った映画ね。


一本目は「オートマタ」題材ロボット三原則からの、人間を越えようとしている(いわゆるシンギュラリティ)AIロボット達とある人間の心の交流のようなものを描きたかった映画だと乱暴に思うんだけど、やっぱりカタルシスねえ…と思ってしまった残念映画。いちいち長くなるのやなので投げっぱなしでいくか(笑)ネタバレもしたくないし。


二本目「スワロウテイル」この人の映像美は好きなんだけど、どうもお話を描くのは下手なのかな(笑)じつはながら観なのでそんな偉そうなことも書けないけどなにか無理やりストーリー仕立てにしたように見えてダメだった。


同様なのか逆にか?三本目「ダブルフェイス」これも映像的にはなかなか美しかったけど、主人公が好きになれないとやっぱり映画/ドラマって厳しいね。二人一役映画なんだけど、顔を混ぜたりするというCGも生理的に気持ち悪かった。話も後半時系列が昔へと遡って行ったりするという、少しトリッキーさでそれがいまいち上手くいってないと思ったね。


対して、先週(何曜日か忘れた)午後ローでやってたマイケル・ダグラス「フォーリング・ダウン」はカタルシスだらけ(笑)小ストーリー(プロット)的には4話くらいかな、そのいちいちが山場でその後カタルシス、筆者のいうカタルシスとは?単純に言えば腑に落ちるとかオチ、文字どおりに言えばなにか心洗われるような(悲劇でも喜劇でも)浄化作用、が何回も来る、というあれは名画だね。ラストはあまり好きではないんだけど(安易&かわいそうで)そんなことで途中で浄化されますよ。観たの3回目だけど。


voodooray
ほんとに郷愁的かもしれない(笑)でもこういうEPがなんの苦労もなく聴ける時代には感謝です。たしかにオリジナルリリースから30年以上経って聴く意味とはどういったところにあるのだろうか?と思う一方、たかが音楽されど音楽という純粋にこの音を楽しめるというのは、そこに意味など一切関係ないなと至福のひとときですね。それくらい耳の保養になるというEPで、筆者の盤履歴を言えばVoodoo Ray一曲のみの全6バージョン(Frankie Knucklesリミクシーズ)のUS盤は持っていながらも、この純粋にUKリリースのオリジナル盤であろうVoodoo Ray他全4曲入りEP盤はどこでも見たことがなく、今でもこのネット上のMP3等データでしか確認できないのは「ほんとに12"として存在したのだろうか?」とさえ、やはり原盤を見たこと無いものは疑ってしまうほどです。DISCOGSでは500人超の人が持ってるよと載ってますが、それもどこまで(何人まで)本当なのか?とさえ思ったりしますが、後に中古盤入手でもいいんですが尚更オリジナルリリース時に買ったという人って一体何人くらいいるのだろうか?もしいたら尊敬すらしますね。

回りくどいのはいつもながら…しかしまあ言わばUKクラブ音楽史に輝くような記念碑的盤ですよね。蛇足かもしれない(笑)音の内容的には、808 State脱退直後くらいなんでしょうか、Rephlexから再発されてたこのジェラルドという男が在籍していた頃の808 Stateの音源を聴けば、この男(略)がTB-303等によるアシッド成分を導入した「重要な」担当者だったのだと判ると思うんですが、やはりその時点から早くもまた一歩進化している独特のUKアシッドハウスという全4曲ではないでしょうか。ほんとそんな分析もどうでもいいような(だいたい筆者独断なので)やはり耳の悦楽、生きて聴けることに感謝すら覚える名作EPかもしれません。

DISCOGS
Apple Music

City Of Hope / Planet Gong

planetgong
久々速度規制がかかったので、誰かのためにもなるかと思ってご報告します。誰かってたぶんすげえニッチな需要だと思うんですが(笑)当方スマホの通信事業者はNuroモバ◯ルという所でいわゆるMVNO(格安シムね)なんですが(ちな間借り回線?はNTT Docomo)前から特に夕方5時〜9時くらいまでの都市部にいるとき酷いときは繋がらずいらつく時もあり、しかしこの前(3日位前)やはり新宿でApple Musicを聴きながら闊歩(笑)してたのにぶっちぶっち切れて聴けたものではない!とやっぱりMVNOはダメだな〜とキャリアに乗り換えさえ考えましたよ。しかしどうも原因は仕事中に事情でテザリングでノーパソのカスペルスキ◯の更新をしてしまった事にあるのでは?と思い、Nuroモバ◯ルの使用量ページを確認した所!やっぱりそれだけで1G超(正確には1198MBくらい(笑)を使っていたことが判明!って!を付けることもないんですが、まあいっぺんに1.2Gも使えば規制されるかな…というのと、プラン7GB/月なんだからその範囲内でやり繰りすりゃ一日くらい1GB使ってもいいだろうよ!という微妙な恋心が交錯です。ご存じのように3日縛りはどこでもあり、その3日の上限を開示してる所とそうでない所があるのですが、Nuroモバ◯ルは開示していない。しかし今回で7GB/月プランでは上記のように一日に換算すると333MB、ギリOK?で336MB/日という実験結果が出たんですが(ほんとかな?)もし毎日336MB使ったとしたら30日換算で約10GBなので、13GB/月プランもあるのでそれならば規制はされなかったであろう!と今回貴重な実験結果となりました。せんけどね、高いから…というか一年縛り取れたから乗り換えよっかな〜やっぱキャリアかね…?でもいつ安くなるの?

テクノ好きなら知らない人はいないと思うオランダは超名門レーベルDjax-Up-Beatsの特にダブルパック(12"×2)にも根が貧乏性の筆者はドキドキさせられました。1枚と同じくらいの値段〜場合によっては倍以上までマチマチなのですが、何というかそのボリューム感にはやっぱりお得感ありましたね。基本的にはEP二枚組で全8曲で収録時間もそれなりの言わばアルバムなので、1枚のシングルは見逃してもそのアーチスト好きには見つけたからには買わねばならんだろう!とでもいうような一種の強迫観念にも囚われて買いますよね。この二種類の感情は皆さんにも同感してもられるのでは(笑)さて本題、上記と多少矛盾するようですが、まあ1枚のシングル盤はスルーしてもやっぱり主に1項目?の感情でつい買ってしまった程度には好きだったアーチストEdge Of Motion名義ではちゃんとCDアルバム(Apple Musicにもあり)も出していたもう一つの名義Planet Gong(これでDaevid Allen's Gongの方を思い浮かべた貴方はプログレ者ですね(笑)、DISCOGSの人も一人書いてるように、なぜ名義を変えてリリースしたのかは分からない全く同じ感じのオランダ産ピュアテクノといったところでしょうか。ただ一作目"Phases"(もダブルパック、実を言えばそっちを書きたかったかも、でもAppleやその他にも無かったので)がシカゴ〜デトロイトオリエンテッドな若干ハウステイストが強いサウンドだったのに対して、この二作目ではやはりよりEdge Of Motionに近い印象のレトロフューチャー感、言わば映画「メトロポリス」や未来少年コナンのインダストリア(まあ元ネタは同じ「メトロポリス」だと思いますが…)のような失われてしまった超幸福なハイテク未来都市=もちろん多数の奴隷によって支えられてるような、やはりレトロフューチャーテクノといった感じではあります。EPタイトルそのままですが…でもこれをおうちで聴けるのは幸せですね(笑)上記"Phases"もぜひ正規デジタル化していただきたい…

DISCOGS
Apple Music

In Your Bones EP / Fire Island

fireisland
前回から微妙に路線変更、やっぱり持ってたのもいいけど、どうしても当時垂涎だった?憧れの音源の方に目移りしてしまうので、そのどっちも入手/未入手に限らず、まあテキトーに思いついたままやっていく所存でござる。

Fire IslandのみならずBoy's Own〜Junior Boy's Ownの当時入手できなかった音源が聴けるというのも個人的にはパラダイスですね。リミキサーチームTerry Farley & Pete Hellerの変名だとRoach Motelも有名だと思うんですが、個人的にRoach Motelの方はわりと入手できた(一枚目以外はほぼコンプ、一枚目もApple Musicで聴けて感無量)のに対して、なぜかこっちのFire Islandは後期?の3枚は入手できたけど入手できなかった初期の約3枚=カップリング違い等を30年近くたった今それら全てをこの完全盤で聴けて涙物です。しかも持っていた3枚の方も大量のリミクシーズ入りの完全盤で聴き返せるとは人間長生きするものだなと。ただしラストシングル?のスタカンカバー(後半3枚は全てカバー曲だけど)"Shout To The Top"だけがデジタル化されてない模様、今後されるのか?期待です、ほんの少しだけ。

全て音的には想定内なんですが彼らの特徴であろうスーパーボールが跳ねるような?丸っこく弾力感があるグルーヴ感なのでどこかフェミニンな(いかついおっさん二人だけど)当たりの柔らかい独特のハウスミュージックと乱暴に言い切ってしまえるでしょうか?まあ結局温故知新には違いないのでしょうが、しかしこうやってデジタル化されたいわばアーカイヴスとなって半永久的に?残っていくのは今後いつの時代でも興味を持った新しい世代が聴けるようになるとはなんと素晴らしいことなんでしょう(ビフォアフターのナレーション風にお願いします)。

DISCOGS
Apple Music

The B-Sides / Frank De Wulf

The B-Sides
前回の誤りから(笑)Din Daa Daaではないね、Avonn"Everybody Get Down"という曲でした…スキャット?の部分が似てるんで混同してしまうんだよね…で懲りずに化石発掘隊です。

ベルジャンテクノ創始者の一人らしいFrank De Wulfの名物シリーズB-Sidesも全部かなApple Musicにありますね。当時持ってたのはVol II&IIIのカップリング盤だったかなDISCOGSで確認したら全6曲入りで各II&IIIから一曲づつ削って収録だったので当時から20年以上たった今こうやって完全盤のみならず全シリーズを聴けるのは、昔を懐かしむ老人には生きててよかった…と思うほどですね。でI〜Vをざっと聴き、V(は2010年リリース!)の実験的になってる感じもなかなかなんですが(20年後だらかね…)やっぱり初期かな、といっても全部1990年リリースながら強いてIIでも。なんと言っても1曲目"Magic Orchestra"でしょうか、もろにサンプリング音な長めのオケヒットのしかも逆回しなんていう手法も涙は誘いませんが時代だなあとは思わされます。そこにPublic EnemyのFlavor Flav"YEAH BOY!"が乗ると不覚にも郷愁感は誘います。その後の曲というかB-Sidesシリーズ全てに言える、リズム以外は他人の曲からのサンプリングでできたいたのだなと、やはり20年以上オリジナルリリースから30年たった今物思いのふけるというのも一興でしょうか。

DISCOGS
Apple Music

And The Break Goes On / The Break Boys

andthebreak
早くも苦戦…持ってた物(12")がそっくりそのままの収録されてるSingle/EPというのが中々無いね、まあそっくりそのままでなくてもよく、内一曲(バージョン)だけというのならVA物コンピであるパターンはある、という所かな>Apple Music。それよりも以前持って無くて、文字どおり喉から手が出るほど欲しかったブツ(12")が意外と出てくるのでそっちに目移りするのでその方向でいこうかな…

そんな内情?は置いといてこれはそっくりそのまま全6バージョン盤でありましたね。Frankie Bones師匠の数多ある名義のうちの中でもヒット作でしょうか、盟友Tommy Mustoとの幸せなタッグの時代が垣間見える?ような名ブレイクビーツ作品ではと思います。聞けば分かる人には分かるはず、というかバージョン名にもあるようにSugarhill Gang"Apache"のヒットで有名になった大ネタThe Incredible Bongo Band"Apache"使用というか、それとGeorge Kranz"Din Daa Daa" Avonn"Everybody Get Down"+α(Marshall Jefferson"Move Your Body"等)くらいでできているような曲でしょうか、Sugarhill Gangは例によってサンプリングなどではなく(サンプラーもまだ高かった頃だし)バンドで再演だったのに対して、こっちは天才ブレイクビーツDJ Frankie Bonesならではのバージョン集とでもいえるでしょうか、というかこんなのいくらでも出来るぜというような余裕の全6バージョンかもしれません。こんなのでヒットしてしまうのだからかっこいいようなずるいような…まあ聞く人のよれば(というか筆者以外…?)どうでもいいリズムボックスでも聞いているような盤かもしれません。でも興味あるなんて人はFrankie Bonesで検索すればBonesBreaksなんて何枚もありますよ。便利な時代ですね。

Apple Music
DISCOGS

Special / Marcy Lee 始まりました新コーナー

special
Appleが新しいiPhoneなどにiTunesを搭載(プリインストール)しない方針というのには関係ないんですが、代わりのプレイヤーは何かあるのだろうね?それともApple Musicのアプリが残るだけなのだろうか?まあ問題ない人には全く問題ないんだろうけど、iTunesのUIの使い勝手の良さがなくなってしまったら悲しいね。まあ昔からそうやってITなどのハイテクに限らず技術は改悪も込みつつ進んできたからそれはそれでどうしようもないけどね…というわけでブログ更新のモチベーションを保つために始まりました新コーナー、筆者が勝手に驚いたApple Musicにあった多分(独自基準)マイナー目の音源をご紹介のコーナーでも。

最初のうちは昔12"レコードで持ってたおすすめ音源からぼちぼちとやってきますか、記念の一発目はやはり恐らくマイナーにも関わらず傑作だと思うやつ、マイアミのガラージハウス〜ディープハウスの名門Deep South Recordingsからディーヴァ?Marcy Leeという人のヒット曲なのかなんなのか"Special"という曲。レーベルオーナー的なAldo Hernandezによる入魂のガラージハウス(リミクシーズはディープハウス系)。ここは出世頭?Murkを排出したんですが後に彼らによるリミックス入りで再発もされてた模様。爽やかなRadio Editからディープなミックスまで楽しめるレーベルカラーをよく現している名盤かなと。最初はこんな感じで…

Apple Music
DISCOGS
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
読者登録
LINE読者登録QRコード