KEMPIRE

How deep is your Love?

CLUB69

RELAX / FGTH

relax
なんだかまた去年同様、寝ゴールデンウィークになりそうな悪寒です。寂しい人生ですね。そんなん嫌なので、景気付けに一発派手目なこの曲で。80's代表選手の一組FGTHですか、その代表曲ですよね>原曲。そんな曲を我らがハードハウスの人CLUB69や、プログレハウス系の人?SAEED&PALASH、そして何故か?COLD CUTが、弄ってます。早速ベストミックスは、原曲なんですが、相変わらずハイテンションブチ切れなCLUB69のもそんな感じで普通に良いのですが(でも若干プログレハウスに色目使ってるかな)、プログレハウスなSAEED&PALASHのも重い感じで良でした。COLD CUTのは論外ですね、当時流ビッグビートで今聞くと古い&メガミックス的で懲り過ぎです。しかしそれにつけても原曲。しかし昔から思ってた事なんですが、この曲でリラックス!って言われても、と。ご存じのように根がマジメなもので。歌詞もよく分からないですし。ゲイソングでしたでしょうか?

♪RELAX (PETER RAUHOFER'S DOOMSDAY CLUB MIX) / FGTH続きを読む

FIRED UP! / FUNKY GREEN DOGS

firedup
MURK'96年の起死回生一発大逆転大ヒット曲FUNKY GREEN DOGS"FIRED UP!"です。当時のMURKは、膨大な量の初期12"傑作群の発表で世界中にマイアミディープハウスの存在を知らしめた後、世界中から舞い込んだREMIXの仕事も含めて、そのあまりの多作によって飽きられ始めていた頃だったと思います。しかし、この曲の大ヒットによって再びクラブミュージックシーンに一気に返り咲きました。

そんなエポックメイキングな曲ですが、REMIXERもまた豪華で、マイアミディープハウスシーンでの師匠的存在のDANNY TENAGLIAや、当時NYハードハウスシーンに現れた期待の星CLUB 69ことPETER RAUHOFERが、各々気合の入った素晴らしい仕事でMURK BOYSのこの復活劇をサポートしています。正直、彼らの仕事のおかげでMURKの復活があったと言っても過言ではない、それほど素晴らしいREMIXESで参加しています。そんな彼ら三者にとって記念碑的名曲をこの際よろしければどうぞ。(ヤフオク出品時傑作選より)

♪FIRED UP! (CLUB 69 FUTURE MIX) / FUNKY GREEN DOGS続きを読む

TAINTED LOVE / SOFT CELL VS. CLUB 69


リアーナつうエロっぽいネエちゃんの新曲(ウィンドウズメディアプレイヤーで開きます)が恐れ多くもソフトセル永遠のアンセム「テインテッドラブ」を使ってたのでこれです。
こっちはちゃんとソフトセルの名も入ってると言いますか、クラブ69がリミックスした作品のようです。それ以上なにも言う事ないような気もしますが、それではレビューにならないので、原曲の持つその実に妖しげな影はどこへやらで、クラブ69流。でも彼ピーターローファーにしてはそれほどイケイケでも無し。早くないハードハウスでと言うよりもかなりミドルテンポで、その点はイケてます。但し、原曲が原曲だけにそれを超える事は決して不可能。

♪TAINTED LOVE (CLUB 69 FUTURE MIX-PART 1) / SOFT CELL VS. CLUB 69続きを読む

TIME / MURK マーク2

time
あまり間髪入れずマークシリーズでも。お約束通り"TIME"という曲です。
前回"BELIEVE"中にてこっちのほうが凄いとか書いてますけど、同じくらいですね…
つまり"BELIEVE"も相当イイという事です(未聴の方"BELIEVE"の方も騙されたと思って聴いて下さい)。

さてこちら"TIME"、ガッツンガッツングイグイ引っ張られる感じで持ってかれます。
マーク側原曲自体そんな素晴らしいマイアミディープハウスなのですが、このマキシでも例によってリミキサー陣豪華で、って一組くらいしか知りませんけど、の唯一知ってるPETER RAUHOFER(CLUB69)のはいつもどーり彼流ハードハウス&次THE SCUMFROGのが結構良く、金属的パーカッション群が炸裂してるプログレハウス寄りリミックス&あこれも名前&なんか12"は持ってました…CHABのはこちらは比較的オーソドックス目プログレハウスで結構渋い&SOUTHSIDE(も名前だけは最近よくお見かけします…)も若干トライバルな感触のプログレハウス&そしてマーク原曲。

と全部やはりグイグイくるこれ一枚でお部屋の中がディープ〜ハード〜トライバル〜プログレハウスかかり捲くりフロアになる事間違いない万人必携の一品となっております。

♪TIME / MURK続きを読む

DIN DA DA / KEVIN AVIANCE

dindada
忘れない内に、お約束ブツ、ケヴィンアヴィアンス「ディンダダ」です。
ちなみに画像見れば一発かと思いますが、彼?は所謂ドラッグクイーン(オカマ)です。
風貌も今流行りのHGに通じる物が…
そんな事よりPRO.は五味一彦氏&リミキサー陣はCLUB69,KEITH LITMAN,HYBRID,MJ COLE,しらん人、
というもの凄い面子の割りにはかな〜りいまいちの作品。
いや悪い物もご紹介しといたほうが良いでしょう。反面教師として。
原曲は、この♪ディンダァダァドドゥドゥというフレーズを誰でも聞いた事あるはず、
ジョージクランツという人が1983年放った超ディスコクラシック&
ラリーレバン物定番の所謂パラダイスガラージ系楽曲(DIN DAA DAA)のカバーです。
つまりその原曲には遠〜く及ばないという事。
そんな中でも強いてベストミックスを挙げるならば、
最後の全然しらん人The Peckham International All Starsという人の物でした。
一番ラシイ。ジョージクランツも多分一番それが好き(推測

♪DIN DA DA (Peckham International All Stars) / KEVIN AVIANCE
kevin aviance続きを読む
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
読者登録
LINE読者登録QRコード