taste
年取ったのか思い出すことばかりなんだけど(笑)風呂はいってて思い出したんだけど中学はちょっとガラの悪い中学で、80年代の校内暴力全盛期?の後とはいえそんなテンプレートな不良に憧れてるのか剃り込み入れたやつとかいわゆる長ランとかボンタンとかのやつもちらほらいるレベルの中学だったね、そこで八方美人の筆者は中途半端なポジションだったけど、一人これも中途半端ながらも比較的悪いポジションのやつと(クラス違い)中道右派(笑)いや普通よりは少しとっぽい部類に入るやつと友達だったんだけどある時その悪いやつと中道右派のやつの仲が険悪になって前者が後輩何人かと後者をリンチしたりしたのね、後者は相当びびったらしくその後輩(2年)の奴らに会ってもなんか言われて舐められてたりしてた模様(そのへん噂聞きなのでよくわからない)、で前者と友達だった私ともその時から微妙な関係になってしまいよそよそしい感じになったことをふと思い出したわけ風呂で。それで私は八方美人もそうだけどいつも傍観者的な立場にいるなと再確認したよ。当事者じゃないんだよね、常に傍観者、これはいかんなと。第九のシラーの歌詞じゃないけど「すべての人は兄弟となる、もしその輪に入れない者は、泣きながら去れ!」と、結局何らかの関係があったのはその前者と後者の彼らであり、私はその輪に入れなかった部外者だったんだよな。悪い意味で、リンチもしないしリンチもされない、いじめられもしないしいじめもしない、昔っから。当事者にはなれない。この傍観者気質は深刻なんだわ。

このバンドの1stでしょうか、筆者はCreation全盛期?のEPで初めて知ったというミーハーさ加減ですが、Creation時代は少しダンサブルなビートシューゲイザー的なサウンドという当時なりのインディダンスのバンドという印象しかないんですが、それ以前はこんなハードサイケを奏でていたという、けっこうギャップを感じるバンドではあります。一曲目こそ少しソニックブームやそのスペクトラムを連想してしまったダウナーなアシッドフォーク調ですが、その後はダウナーやミド&ルテンポ〜スローテンポのサイケデリックロックもあありつつ、基本的にはハードなサイケでぶっ飛ばしてると思います。ほんとにハードサイケが好きなんだろうな、という硬派&実直さは好感です。それにしてもCreation時代にはなんであんなに軟派になってしまったのか…時代とレーベルの無言の?圧力かバンド自体の忖度か?そんな詮索もしてしまうほど別バンドのようです。

DISCOGS