cylobiansunset
時々思い出す君と行った鬼押出し園の思い出、夏なのに夜はめっきり冷え込む北軽井沢「避暑地だからね」と僕、「どうしよう、Tシャツとかキャミとハーフパンツくらいしか持ってこなかった」と君、「それはまずいな、言わなかった僕もわるかった」「じゃあ羽織るもの貸して」「オッケー」と出した薄手のカーディガンにちゃんと手を通して着た君のしぐさに少しドキッとしたな。夜空は満天の星空、標高が1000m超の所なので気温もそうだけど排気ガスなどほぼ無縁の場所で、澄み切って文字通り降ってきそうな星、「アレガ、デネブ、アルタイル、ベガ、キミハ、ユビサス、夏の大六角!」と当時の流行歌を歌おうかと思ったけど、そんな一等星さえも埋もれてしまう星々だった。でも一番光っていたのは隣の君だったけどね。何光年も離れている星々と何センチも離れていない君、それを両方見れたあの時はやっぱり思い出深い。一生の思い出となる素敵な時をありがとう。

しょっちゅうは聴かないがたまに無性に聴くたくなるタイプの音楽、まあテクノの人?なら多分知ってる系アーチストでしょうか、サイロブがエイフェックスツインのRephlexから出したアルバムのようです。この名義では1stのようですし、当方のもそうですが邦盤でも出たくらいなのでその手では有名かつ代表的なアルバムでしょうか。別に前から知ってるアピールする訳ではないですが、いやそうなのかもしれませんが(笑)この人を知ったのは本人名義ではなく、このサイロブとしての同RephlexからのデビューEPで、その"Industrial Folk Songs"も曲数的には6曲収録(でも短い曲もあり)で本作「Cylobian Sunset」の前年1995年に出てたようですが、比較的話題になってたと思います(どこかで)そして満を持してリリースされたフルアルバムだと思います。"Industrial Folk Songs"がその名の通りかもしれない、かなりメタリックな音色ほぼそれのみを使った実に単純なボーナスビーツ集的な作品だったのにして(DISCOGSで全曲視聴やアマゾンでMP3で買えます)本作はやはり気合が入ったのでしょうか?一転もはやボーナスビーツとは呼べない音楽的な曲としての体裁を感じる、メロディーによるメランコリックながら基本的にはやはりインダストリアルな感覚を持つという言わばお宅打ち込み音楽でしょうか。まあそう言うならばRephlex自体がそういうレーベルなのでしょうが、そういった意味でとても初期Rephlex的な作品ンあのかもしれません。場合によってはエイファックスツインチルドレンとかもって言えば真似っ子やパクリとさえ言われてしまうようですが、この人のオリジナルの部分を探すと、オリジナルリリース盤のラスト2曲(LPでB4,B5)で顕著かもしれない、エイフェックスのアンビエントとはまた違った、タイトル通りにもあるようにユートピアの夕暮れとでも言うような幸福感と哀愁感が同時に存在している雰囲気にあるような気が個人的にはします。そしてその2曲が時々無性に聴きたくなります。

DISCOGS