1.Armand Van Helden ‎– Witch Doktor
相変わらず四半世紀くらい前の曲にはひかれます(笑)ハードハウスクラシックでしょうね。収穫できたベネルクス盤?はなにげに凄くてご存じか知りませんが(笑)レモ8(レモネイト)やシステムFなどの結構初期のリミックスが聴けます。でも結局原曲が一番。
DISCOGS

2.Lizzie Tear ‎– Your Face In My Mind
もっと前の曲か…モデルぽい?シンガーはしらんのですがWオービット卿やReact 2 RhythmなどGuerrila勢の名前に引かれて買ってます。まあまあながらも卿の空間処理が気持ちよくはある。
DISCOGS

3.Angelique Kidjo ‎– Agolo
この人いましたね、一応ワールドミュージック系でしたか、しかしいつごろの曲かとか素人にはわからず、しかしMKやハウィーB&トリッキー(視聴)なんていう超が付く豪華メンツの名前で買ってます。
DISCOGS

4.Blondie ‎– Heart Of Glass
もちろん今回分ではもっとも古い曲か(笑)まあこれもMK師匠がやってるので買ってますが、それはいつもどおりの師匠節で一般的には受けないかも(笑)なので視聴は原曲12"バージョンです。
DISCOGS

5.Kay Cee* ‎– Love Stimulation
逆に近代に近い曲か?といっても20年前というさすが郷愁コーナーだなと。この曲の面白いところ?はタイトルを見てピンとくる人は相当のジャーマン始めのトランスマニアだとおもうんだけど、ヒューメイトのカバー曲、そしてそのヒューメイト自身がリミックスで参加してるところかな、そして神がかってる!
DISCOGS

6.Merge (3) ‎– Lost In Eternity
これがもっとも近現代かな?やはり2001年物(笑)しかし音が…80's!When In RomeかAlphavilleぽい(笑)謎のユニット。
DISCOGS

7.Seefeel ‎– Fracture / Tied
きづいてみれば今日けっこう無茶苦茶だわ。好きだった(でも現役?)シーフィールのいさぎよい2曲入りシングル(しかも一曲目はアルバム曲)じつは紛失再購入組なんだけど、最初に聴いた時はほんとに泣いたくらい好きな曲でしたね…
DISCOGS

8.Sing-Sing / Linoleum ‎– I Can See You / Your Back Again
2曲入りでもこれはスプリットか、全くわからなかったので冒険だったんだけど、まあレーベルがFierce Pandaだったのでね。両曲まずまず。
DISCOGS

9.k.* / Low ‎– k. / Low
スプリットつながりだとこれ、さっぱりわからない女性SSW系の人?と大御所Lowのスプリット盤、両者地味ながらもまあ枯れた味わいがいいかな。
DISCOGS

10.Various ‎– Seven Seals
最後はVA物で、カレント93関係者なのかな、レーベルも彼のDurtroから。カレント93だけは2曲でライブバージョンなどの模様ですね。YTの通り、猫ジャケがじつは一番不気味かな、内容よりも。
DISCOGS

計2500円くらい