東京で10僂寮磧とかお祭り騒ぎか…子供か?つうの。豪雪地方の人が見たらどう思うのかと思うとなんか恥ずかしいわ…まあインフラ等雪には弱いし、人も慣れてないからなんだろうけど、ただ10僂世蹇長訐稈亙は10mだぞ日本海側とか。10僂覆鵑撞す腓匹海蹐気分でどうにでもなるレベルだろう。まあやっぱり一種のお祭りなんだろうな。ただ寒いからいまだに路肩とかには残ってるね。寒いのは認めるわ。筆者もはじめて毛糸の帽子とか手袋とか使いたいと思ったからね。歳のせいもあるのか…

週末なんだからまったりしようぜ、という感じ、そんなんで軽く書けるやつで(笑)タイトル通りシリーズ物のようで、その一でしょうか、と今DISCOGSを見たところThe Slow Jams Collectionとからしく、レーベルはThe Right Stuffという所からでスロージャムと言っても1960〜70年代からの物やジャズ系のコンピもあるようですね。レビューらしくいくと(笑)恐らくSlow Jamという言葉(ジャンル)はそんな60〜70年代には存在せず、筆者的にはRケリーとかが出てきて初めて聞いたジャンル名だったんですが、同時期西海岸のギャングスタラップの連中(2 PacとかWarren Gとか)のなんかまったりとしたビートやグルーヴ感のヒップホップトラックもまとめてそんなジャンルで一括りにしてた気もしますね。と語源は?と思い英語版Wiki見たところ最後の方で1983年のMidnight Star"Slow Jam"が語源であろうと思われる、みたいに書いてるんですが、それもどうか?と思われますね(笑)とはやっぱり「ジャンル名」としては1990年代〜の物であろうし、もしくは遙か大昔から普通に使われていた言葉であろうと思ったからですが。ここにはそんな1990年代の頃の曲よりもずっと前の言わばルーツ・オブ・スロージャムといった曲群で、1曲目のヒップホップの大ネタ中の大ネタであろう(上記2 Pacも使ったらしい)The Isley Brothers"Between The Sheets"から始まり、やっぱりスロージャムと言うよりも当時で言えば?バラード系ばかり、まったりどころか溶けてしまいそうな極上バラードのコンピであろう、と思ってしまいますね。

DISCOGS