20171121-1335_408165096
だいぶ前の本日のベストショットでも。この格好はあかんやろ(笑)バニーガールのうさみみが余計な気もするけど、メイドさんたちからもらったでかいぬいぐるみ?に挟まれた座り心地は快適だろうな(笑)こいうカウチをリアルで作ってみたいね。左の人だれ?知ってる?でも真ん中の人が一番かわいいな。

equalizingdistort
なぜかガーゼの2ndのようです。門外漢なりにこれしか持ってないんですが、本作が1986年リリースなのに対して3rdはもう1990年代以降のリリースということで、個人的にはあまり食指が動きません。まあ要は80'sが好きなんです、特にバブル前夜〜バルブ期〜バブル崩壊辺りまでが。そんな本作もバブル前夜という雰囲気を感じなくもなくどころか、場合によってはビンビン感じます。歌詞など見ても上り調子であったであろう株相場などに浮かれ気味の当時の社会に対して「それでいいんですか?」なんて言う程度ではない、完全に喧嘩を売ってるような当時で言えば過激な歌詞内容の気がします。特にやっぱり一応芸能関係なのか、当時のアイドルやおそらくジャニ○ズ系の日本のショービズ構造に対しては相当いかってた模様で、言わばファンを搾取されるプロレタリアート、それを食い物にする搾取側(ブルジョワ階級?)への攻撃という、そういった意味でもハードコアパンクの伝統を忠実に踏襲している歌詞内容と、過激で早急な8ビートのパンクのやはり王道的なハードコアだと思います。但しこの現代に聴く意味はあまり感じませんでしたが、しかし今の米国の方が少しリアリティを持って聴けるようなそんな気もしました。ちなみに米国ではPrankというハードコアパンク系レーベルからリリースされ、一定の評価と知名度も獲得したそうです(1990年代)。

DISCOGS