NS-F500LC-40W35HTX-25HDX
わての三連休、ここのところお買い物モンスターになってたんでそれらを全て活かそうとお家で映画三昧音楽三昧の日々の巻。なんというかべつに景気がいいわけでもないのに飽くまで私的レベルで(基本的に物欲はそんなに無い方だと思ってるので)すげえ買い物してて、そうねまずシャープAQUOSの40インチテレビ(non4K)をなにを思ったか買ったころからおかしな事に。シャープべつに好きでもないし、というか前の22インチの時も特にブロックノイズ(一面同じ色たとえば水面などの画像の際、正方形に分割されて見える)が酷いなと思ってたのにまた何故かAQUOSを買ってるのは単純に5万円強と安かったからなんですが、やはり4Kにしとけばよかったと後悔も。

それを突端にというか、その後アマゾンプライムのタイムセールが来たのがまた悪かった。それでもやはり基本ケチな筆者はそのタイムセールでは3点で計9000円弱しか買わなかったんだけど、内訳はその新テレビを置くわけでもないのにサイドテーブル的に使おうとやっすいテレビ台が2000円強+ヒカキンも褒めてた(笑)TaoTronic社のタッチセンサーライト3000円強+プライムタイムセールの所為でじつはプライム会員だった!?と気づいたので(今年3月〜全く気づかなかった、年会費が勿体無い…どうりでお急ぎ便がタダで使えたわけだ…)それを活かそうとFire TV Stickが3000円強で計9000円弱。しかしサイドテーブルまだ組み立ててもいません、というか置くスペースが無さそうなのに気づく。とこの時点で勿体無い。

そして第三弾?はテレビを活かそうと、テレビの内蔵スピーカー(でも思ったより良い音だったんだけど…)よりもサウンドシステム組むか!と思ったのがまた間違いで、よしいっちょうトールボーイのスピーカーでも買ったろかい!で、ヤマハのNS-500Fってスピーカー買ってるし、一本3万5000円の一組7万円…そしてスピーカーだけでは鳴らないので、でも出費がかさんでるなとさすがに思いだしアンプは中古でええわ、と6年落ちのONKYO HTX-25HDXといAVアンプが15000円、なので計8万5000円と。ちなみにAVアンプには純正セットのスピーカーが何故か新品で同梱だったんだけど、こちらはべつにサラウンドにするつもりは現時点ではないのでそのまま放置してたりと、そういうのもなにか効率悪いというか無駄だし勿体無い部分でもありますね。肝心のAVアンプの方はすこし使用感があったりして…ちなみにサブウーファーとアンプ一体型タイプ。それでもサラウンドにはせん!これ以上の出費は無理(笑)

買い物自慢をするつもりではなく(少しはあるのかな(笑)それらせっかくなので使っていってやろうと音楽&映画三昧なんです。スピーカーはいわゆるエージングがまだなので、なんかいまいちですね。これから使い込んでいけば良くなるのかな?やっぱり硬いですね音が。それより6年落ち(2011年物)のあくまで「AV」アンプなので音楽的にもいまいちかな。セッティングは説明めんどいので割愛するけど部屋が物などで狭くなってきてるのでいわゆるナロウなセッティングで、まだこれは!というような決定案は出てません。ONKYO独自の?リスニングモードとやらは一聴広がりがあって派手なTheatre Modeとかにしがちだと思うんだけど、なんというかな単純に言えばボトムが締まって無くやっぱりチャラチャラと派手な響きで、浮ついてて地に足が付いてない感じが個人的には好みではなかったな。オケ音源でもOrchestra Modeもいまいち。結局Music Modeというのがやはり音楽鑑賞時にはベスト。次点で意外とよかったのがGame-Rockとかいうモードでしたね。

映画鑑賞時にはTheatre Modeでいいんだけどね。というかベストかな。でもあれ結局たんなるプリセットのイコライザーだよね?>知ってる人。だったら、表示のディスプレイ上でもいいのでEQいじれるようにしといてくれよ、と思うんだけど、そしたら製造コストがかさむか…そんなリスニング用のYT音源でも上げときますか。マーラーの2番とかCHRISTOPHER CROSS - SAILINGとかSaints & Sinners - Peace (Michael Woods Remix) だって。なおこれらがリスニング用としてどれほど良いかは分りませんが、所詮YT圧縮音源だしね。で結局落ち着くのはMusic Modeという、ずいぶん普通の結論。映画鑑賞の項はまた別枠で書くかな…