geologies
いつの間にか新宿中村屋が再開してたので久しぶりに行ってけど(B2ね)なにか味落ちてたかな…メインの純印度式カレーってやつ、肉は骨付きなので手羽とかの鶏肉だと思うんだけど、あんな骨でかかったかなと、ルーの味もなんとなく今一歩でしたね。中村屋が出してるレトルトの方が美味いんじゃないかな…セットのサラダはコンビネーションとかいうのでポテトサラダが真ん中にあるやつだけど、ファミレスのちょっといいやつって感じで普通。チャイ(インドティー)はシナモンの香りが素晴らしくて結局それが一番という…あれで2300円は高いわ。店舗改装で経費かかったのかしらんけどだいじょぶかな中村屋、あのコスパで。でもあそこは立地が良すぎるからやっていけるのだろうな、これからも。ウェイター&ウェイトレスのサービスとかは流石中村屋なのか、いいんだけどね。余裕があって疲れたかくつろぎたい時しかもういかないわ。

古くは1970年代(後半)Recommended RecordsからのZNR(主要メンバー二人Zazou 'n' Racailleの略とのこと)や80年代にはCrammed Discsからアフリカ系のアーチストBony BikayeとのZazou Bikayeなどのユニットもあった故Hector Zazou(1948-2008)のソロアルバムのようです。結局ソロのアルバムが一番多いので本作が何枚目かも分からないのですが、DISCOGSを見る限りは比較的初期のアルバムのようでCrammed Discsから1989年リリースです。いきなりアマゾンレビュー参照ですが、やはり少し気になるのはジャケでアマゾンでは一人が何故このジャケなのか?と言う方がいますが、私も一聴後には理解出来ませんでした。しかし何度か聴いている内にこれはこれでなんとなく色気がある曲調に合ってる気がしてきたところです。元々フランスのアーチストであり(出身は北アフリカとのこと)、ZNRの時点から同様の艶のある音楽を作り続けている人だと思うのですが、この辺の感覚的な印象はもちろん個々人で全く違ったり場合によっては真反対なほどの印象を受ける類のものかもしれないので、あまり押し付けるような事は言えないながらも、個人的にはやはりヨーロッパ〜もしかしたらアフリカ移民などによってもたらされた部分もあるかもしれない所謂異国情緒やアンニュイさが、艶やもう少し俗っぽく(分かりやすく)言うとセクシーさを醸し出しているのかもしれないと思われます。もちろんそれだけではない、少し鬱なほどの雰囲気や静寂さなど様々な曲調もあるのですが、それらも含めてやはりヨーロッパの夜の都市のようなセクシーさ漂ってくるアルバムだと思います。傑作ではないでしょうか。

DISCOGS