ネットフリックスの回し者としてはこの独自ドラマにはかなり期待したんだけど、相当肩透かし(笑)70年代のオールドスクール(今から見ると)ディスコから黎明期のヒップホップが誕生していくさまが劇的に描かれるってのことで、俺が見ないで誰が見る?くらいの勢いだったんだけど、一話目からして挫折しそうだった。だって関係ねえ恋愛とかギャングの抗争とかそっちの方がなにかメインなんだもん。でもまあこれからグランドマスターフラッシュはこのYT見るとアソシエイトプロデューサーとのことなので出てくるんだけど、クールハークやバンバーターとかも出てくるんだろうね(いつでも見れるけどまだ未見、というかそこまで辿りつけない(笑)出てこなかったら詐欺だろう…でもこれじゃない感が…歴史は知らないのでそこだけ教えてくれれば俺が好きなように演出してやるのに(笑)そう自分が見たいように。この予告編でもなんとなく分かるんだけど、音楽とその音が今風になってるのはおかしいだろう…俺なら全部当時の音楽使うんだけど、いわゆる大人の事情なのかな。あとブロンクス荒廃しすぎ(笑)


Instant House
国内盤ライナーノーツやDISCOGS情報によると、NYのカルト的?レコード店DANCE TRACKSのオーナーが盟友であったキーボーディストと店の常連客でもあったジョークラウゼルを引き込んだ3人組のユニットによるタイトル通りの期間に作られた、まさにNYディープハウスのお手本のような作品集だと思います。それはまるで言わば骨組みだけのドラムマシンやシーケンスされたシンセベースなどのロウなトラックに、素晴らしいキーボーディスト(Tony Confusione)による浮遊感が夢見心地にさせてくれる流麗なKeyと当初極力他人の音楽のサンプルのみ使用というコンセプトだったらしいそれらサンプルが乗る、といった曲調です。特に初期の曲はKeyやサンプルが乗ってもあまりにシンプルなので、人によってはデモテープか?とさえ思われるかもしれません。しかしそこがNY的なのかもしれないいい意味でのスノッブさでしょうか、そうこれ以上音数(トラック数)が足されたとしたら台無しにさえなってしまいかねないギリギリの音数(トラック数)という、ある意味消去法的に贅肉を削ぎ落とされたアスリートの体のような音楽かもしれません。

また、このユニットによってキャリアをスタートさせたというJクラウゼルの貴重な試行錯誤的実験集の側面もある気がしており、特にそのドラムプログラミングに「彼もこんなロウな打ち込みの時代があったのだな」などと思ってしまうのですが、一方で既に跳ねたり躍動感のある後のアフリカン風やラテン風の打ち込みの予兆という以上の、この時点で完成されてるようなドラムプログラミングの妙には感動すら覚えます。どうも上手く言えなかったのですが(笑)とにかく極度の音楽好き3人がお互いその熱き情熱を持って集合し、恐らくブルックリンかクイーンズ場合によってはブロンクスなど、NYの汚いロフトハウス(倉庫)で夜な夜な(日中かも(笑)都合があった時に勢いに任せて、このような音楽実験を繰り返していたのか、と勝手な妄想をするだけで私などは酩酊状態にさえなります。Power of Music.

ちなみに直輸入盤(外国プレス盤)ですが上記のようにクラウゼル氏によるライナーノーツの翻訳付きの国内盤は氏によるInstant Houseの音源ミックスされたCDR付き2枚組、輸入盤の方は一部収録曲違いと12"盤に収録だった別バージョン集的なこっちは正規のCD2枚組盤とがあります。各々価値があると思いますが、国内盤の氏による一枚目(CD)の音源を繋げただとも言えますが約一時間のミックスCDRはそれはそれで大変貴重な盤のような気がしてます。

DISCOGS