esg
このバンドのセルフタイルアルバム、2ndになるようです。偏見かもしれませんが素人に毛が生えたとはこのバンドの為にあるような言葉かと思い、本作でもそういったドタドタとして尚且つ安定しないドラムややはりNGワードですが素人丸出しのベースや唐突に刻まれるカッティングギターややる気なさげなボーカルとある意味完璧なヘタウマさ加減なんですが、上記のようなバンドサウンドゆえに生じる揺らぎのようなものがいなたいグルーヴ感と同様緩さによるファンキーさが最高にかっこいいサウンドだと思えます。筆者自身が言うのもなんですが、それ以上でもそれ以下でもないかもしれない、聴いていて単純に楽しくかつ和める、音楽の楽しさを純粋に味わえるアルバムです。内2曲がMハネットがプロデュースで、その2曲はアルバム中では別に違和感はないのですが、"Moody"はUKダブのテイストが、"UFO"は当時なりの?ぶっ飛びの音響処理と氏のミキシングワークの妙のような物が付加されてると思います。ちなみに再発盤が入手可能です。しかし筆者的にはこの彼女たちの顔出しジャケの初版(Pow Wow盤)が至高です(笑)

DISCOGS