foobar2000
PCオーディオにプチ?ハマりで、特にブルートゥース(カタカナだと少し間抜けだな)なんだけど、噂では音質良くないって話らしいけど、そんな黄金の耳は持ってないので個人的にはけっこういけるなと。いやそれなりに試聴テストもしてますが、いちいち書くのはめんどいしスピーカーとDACについては安物なので型番等書かないんですが(どうしても知りたい人は個別に(笑)もちろんWindowsMediaPlayerなんて使いません、音が悪いそうなので。全部ネット情報の受け売りなんだけど、音楽もシステム音(エラー時のピン!とか?)もごっちゃに出力するカーネルミキサーが良くないそうなので、サウンドドライバーはASIOとかWasapiとか使え!だそうなんで、メディアプレイヤー自体は有名らしいfoobar2000とWave File Player(WFP)などで、そのASIOやWasapi(排他モード)にして有線「PC→USB→DAC(デジタルアナログコンバーター)→RCA→ミニプラグ→スピーカー」系統と、無線「PC→USB間はもちろん有線だけど→BlueToothアダプター(安物)→Bluetooth対応スピーカー(同スピーカー=上記有線もできるタイプ)」でホットキーで瞬時に切り替えられるようにして聴き比べてみた結果!スピーカーの属性(笑)というか特性にもよるのだけど…低音域は有線のほうが出るのだけど、時に出過ぎというか(Bassツマミ絞っても)ボワーンとしてしまいがち。対して無線(ブルートゥースね(笑)は逆に低音が出過ぎない、ここ重要だし、ゆえにクリア、さらに高音もクリア&ボーカルなどの中音域が特にボーカリストの位置がよりはっきりとしている、つまりいわゆる定位がはっきりとしている。めんどくさくなったのでやめるけど、まあ聞くジャンルにもよるけど、だいたいもうブルートゥースの方で聴いてますよ。WindowsのDirectSound(DS)という規格?でね、つまりカーネルミキサーも通しちゃってるという事。なぜなら、WFPはわからないけど(WFPはWaveファイルしか聞けないから、CDもリッピングで.cda→.wav化しなければ聞けない)foobar2000は弊システムのBluetoothが固定ビットレート&Hzの16ビット&44100Hz(CDの音質(笑)なのでDSでしか聴けないから。でも全然おk!やっぱり弊スピーカー特性なのかもしれんけど、WasapiやASIOよりも無線(笑)のほうが明らかに音いいんだもん…WMPは使わないけどな。ピュアオーディオマニアの人は鼻で笑ってくれ(笑)



そんな試聴用CDの一枚。フロントラインアッセンブリ(FLA)→デレリアム→本ユニットという経緯の人らしいRhys Fulber(読めません)の本ユニットの1stのようです。2002年物ですが、さすがにちょっと古くさい感じはする主にグランドビート調をボトムにして上モノはエスニック調だったり時にクラシック調だったりするという、もう一人Bill Leeb(FLAリーダー的?スキニーパッピーなどにも参加)との上記デレリアムのエスニックゴスアンビエント路線の発展形のようでもあり、しかしデレリアムはおそらくBill Leebサイドが強かった(なんとなくより顕示欲や我が強そうな人なので…)のかもしれず、言ってしまうとデレリウムから開放され違う人とRhys Fulberがやりたかったのかもしれないビートが強いクラブミュージック寄りの作品になってると思います。さらに何人かの女性SSW的人との共作曲の出来がとても良く、またつい比べてしまいますがデレリアムではサラマクラクランやカースティホークショウなどの女性ボーカリストを基本的にフィーチャーリングボーカリストとして歌わせていたのと違い、作詞だけでなく作曲まで本人にさせているようなので歌をバックの曲も馴染んでいてなんとなく血が通っているというか、やはり神々しく神聖な感じだったデレリアムよりも寄り人間味というか、暖かみのようなものさえ感じられると思います。まあその女性SSW達との共作曲(と半々くらいでしょうか)以外はエスニックテイストが上モノだったりと、デレリアムからの流れを感じてしまうのですが、時代的にも後(デレリアム1990年代終盤→本ユニット2000年〜)だからか寄り近代的なクールさ?は感じます。ちなみに女性SSW以外の参加アーチストはシンニードオコナーやジャンキーXLなどのようで、エスニックテイストは当時2000年代初頭なりのトレンドでジャンキーXLの功績というか所為かもしれません。蛇足ですがボーナスディスク付きの2枚組にも何種類かあるようで、筆者の方には未収なんですが、一枚目のほうも曲数多く&DJティエストやソーラーストーン等のリミックス入りの2枚組などもあるようです(恐らく入手困難、筆者の方は入手容易、また一枚バージョンもあり)。

DISCOGS

なぜかジャパニメーション(笑)バージョンで、メトロポリスは歌詞内容と合ってるかもしれない。下はカレカノね(笑)