1.The Fall ‎– The Chiselers
なぜかフォールから、まあシングルもよく落ちてるんですが、そんな前から見つけてて買うのを躊躇していながらYTで見た投稿者独自PV?の変さ加減で買ってみるか…となったシングル。しかし一曲が何パートかに分かれてたりしてやはり変です。バージョン集というよりもたった一曲のデモテイク集といった趣。
DISCOGS

2.Pop Will Eat Itself ‎– Get The Girl! Kill The Baddies!
これもよく落ちているポッピーズですけど、このシングルではAシャーウッドがミックスしてるので買ってるところもあります。ちなみにコラボ第二弾らしんですが第一弾は"BulletProof"つう曲でじつはそっちの方が傑作(笑)未聴の人はYTにもあるので聴いてみて。
DISCOGS

3.Flowered Up ‎– Phobia
なついね(笑)Heavenlyからですけど何枚目かな、いま聴いても地味だと思うんですけど、そんなマンチェとかレイヴとかの馬鹿騒ぎとはどこか一線を画していたような姿勢が良かったのか。これも蛇足するとDISCOGSのアーチストトップページにレビュされてるんですけど、リーダーの人がカムデンマーケットでブートレグ売りから初めてブレイクして売れなくなってまたカムデンマーケットに戻ってブートを売ってたそうですよ。
DISCOGS

4.Top ‎– Easy (Livin' On Cloud Nine)
このバンドもすきやねん…やはり地味だと思うんですがゆえに愛着が湧くとでもいうのかな(笑)アルバム未収も含むEPですけど3曲目は邦盤ボートラにも収録。
DISCOGS

5.Catherine Wheel ‎– I Want To Touch You
これも何ヶ月か前に傑作EPを郷愁してるんですが、この後かな、ずっとハードロックな方向へ行ってしまうので、すでにグランジ臭がするんですが、独特な哀愁感はまだあるかな。
DISCOGS

6.Hole In One ‎– Life's Too Short
後半がダンストラックスに。知ってる人は知ってると思う主にハンドバッグとかハッピーハードコア系のイベントでは定番だったクラブ超ヒット曲。じつはこの曲もそんなに派手な曲だとは思わないんですが、でも擬似ライブのブレイク部では皆ハンズインジエアーしたという(死語?)
DISCOGS

7.Kadoc ‎– Rock The Bells
ケイドック!(?)おそらく2番目のヒット曲ロックザベルズ!(?)1番ははもちろんナイトトレインだと思うんですが。ここではウィッペンベルグ師匠のやつがベストかな。
DISCOGS

8.Lil' Love ‎– Little Love
だいぶ近現代史に近くなりまして、といっても10年も前のそれなりのヒット曲なんでしょう、何度もこういうこと言ってる気がしますが(笑)いかにも当時のフィルターハウス系のクラブ音楽。聴けばわかると思うんですがLスタンスフィールドの何かの曲(笑)をサンプリングというかそれでできてるような曲。
DISCOGS

9.Chicane ‎– Poppiholla
一番現代に近くなりました、シングル見つけて検索もせず買って正解(笑)アマゾンではすでにアホプレミア価格になってたので。しかしこれは名曲でしょう、これもシガーロスの何かの曲(宇宙兄弟でも使われてた曲)でできてるような曲ですが。リミクシーズもグー。
DISCOGS

10.Ofra Haza ‎– Galbi
最後もなぜかこの人(まだあるんだけどね(笑)まあ結局似非?中近東音楽は好きやねん…(2回めか)
DISCOGS

計3000円くらい