1.Miranda Sex Garden ‎– Gush Forth My Tears
まさに郷愁的、ゴスクラシカルコーラスグループ?いましたが、アルバムもまたUSシングル盤も持ってたはずがもうどこへいったか分からないので一部内容違いのこのUK盤は買っといったという次第です。結局原曲のアカペラがベストでしょうか。
DISCOGS

2.Gloria Estefan ‎– Heaven's What I Feel
こっちはたぶんUK盤マキシは持ってた曲ですがこの邦盤(US盤と同内容)の方がバージョンが多いという、それだけでまさに郷愁的に買い。100円だったし、アマゾンでも1円から。
DISCOGS

3.Loreta ‎– Trouble With Boys
まったく知らないお姉さんなんですが、どうやらUS盤マキシ的に全10バージョン収録でヴァスケスのはもういいんですが(笑)Davidson Ospinaのはラテンノリのポップなハウスでまあまあ、デジパックジャケのクレジットには書いてない(盤には記載)8〜10を流行ったと思うTiefschwarzがリミックス。普通ですけど。どっちもYTには無し。
DISCOGS

4.Inner City ‎– Do Me Right
本日の?インナーシティ、だってルーツなんですもの。この90年代半ば頃は再ブレイクした超ヒット曲"Your Love"の言わばフォローアップシングルでしょうか。同じくシリアルディヴァがリミックスでアップリフティングゴスペルハウス?
DISCOGS

5.Indo ‎– Are U Sleeping
これはちょっと渋いね!こういうCDSがあるとは思いませんでしたが、たしか昔流行ったAzuli Recordsから他レーベルがライセンスリリースしてますがAzuliとしてもそれなりのヒット曲。そのヒットしたバージョンはこの姉ちゃんが踊ってるStonebridgeによるバージョンだと思うんですが、ラスト2バージョンのグラントネルソンとトッドエドワーズって人たちのバージョンも渋い!
DISCOGS

>6.Raven Maize ‎– The Real Life
これはいっそうウンチクを傾けたい(笑)もちろん?ジョーイネグロの別名義ですが、カバーしてるのがUSのもはやカルト的リミキサー&プロデューサーのフレディーバストーンがCorpolation Of One名義で放った当時のレイヴ系超ヒット曲。後はDISCOGSで知ったのですが(笑)どうやらシンプルマインズとクイーン(ボヘミアンラプソディー!)をサンプリングしてできている模様です。元曲&こっちのカバーともに。DISCOGSの人が書いてるようにファットボーイズリムもいい仕事してます。
DISCOGS

7.Airheadz ‎– Stanley (Here I Am)
これはまあ…大昔12"でも郷愁していたアホ?がエミネム&ダイドのヒット曲をカバー。それをロストウィットネスがトランスに…
DISCOGS

8.Zee* ‎– Dreamtime
オーキー(Pオーケンフォルドね)のPerfectoの歌姫のが2枚、いずれ95、97年物ということで、悪くはないですがさすがに厳しいかな…
DISCOGS

9.Zee* ‎– Say My Name
こっちはDISCOGSにもYT動画であるようにエヴォルーションのがいいかな。
DISCOGS

10.Robert Miles ‎– Paths (CD1)
これは酉にもってくるだけあってちょっといいよ(笑)ロバマ本人によるバージョンとすげえ異色な気がするジャーウーブルによるミックスはウーンと悩んでしまうのですが、最後FSOLのバージョンは無駄に感動的というか、ある意味英国的で、当時2001年すでにピークは過ぎていたかもしれないトリップホップ風で良いのではないかな。ただCDSだとEDITで超短いのが残念。
DISCOGS

計4062円也。