アマリリス名曲大全
1980年代に関西で活躍したバンドらしいアマリリスのベスト?のようです。うむむ…なるほど…(?)と筆者が唸らされるのも無理はない、これも一種の関西のノリなんでしょうか…そうまず取っかかりとしてサウンドなんですが、基本的にはパンクなのかもしれませんがそれにしては淡白な印象で、言ってしまうと軽音部が遊び半分に超有名曲を替え歌交じりでコピってるような曲と、個人的にはこっちで只者ではないのかもしれないと思わされたしかしやっぱり素人ノリにはなるのかもしれないゆる〜いファンクや素人打ち込みテクノ風と、やはり一筋縄では語れない、大げさに言って1980年代に関西で突如現れた突然変異の奇形的バンド(男女デュオのようですが一応)、という感じでよろしいのでしょうか。そこへ、その辺あまり重視はしたくないんですが(笑)奇を衒ったような主に近親相姦的な歌詞が乗るというスタイルでしょうか。やはり個人的にはサウンド面で時々、こんな事するんだ、と驚かされる瞬間があるという、それだけで聴く価値は十二分程あった言わば全曲集的盤でした。ちなみに2010年の微妙にタイトルが違う再発?盤(↑画像先)ではなく、麹町にあるらしいCaptain Records盤で、2010年盤には未収のカラオケやボーナスビーツなどが入ってる盤です。言うなればインチキ臭さ度ではこっちの方じゃないでしょうか(笑)しかしこれはもうちょっと真面目にレビューしたかったかもしれない…そんな問題作。

DISCOGS(再発盤)