getup&dance
どうやら、海外では知名度はともかく評価はあまり高くないように思われる(いわゆるUnderrated(笑)フリーダムの独自邦盤ベストです。それはDISCOGSにも載ってないほどのスルーぶりなんですが、なのでCD化されてる音源も少ない中、こういったベストは個人的には極めて貴重品にも思われます。しかしこの盤自体廃盤化されて入手困難めなのがさらに腹立たしいですね。ただもう一枚の邦盤ベスト、但しボートラの12"バージョンなどは未収ですが、それはアマゾンの中古市場で邦人から買えそうです。とにかくLPアルバムさえCD化されてないという状況で、本盤もシングル集の様相なのですが、このファンクグループの確かに軟派すぎるディスコティークミュージックながら、しかし逆に言えば物凄くキャッチーなライトファンクサウンドの数々はまばゆいミラーボールと同じぐらい輝いていると思います。何故に評価が低いのか?さっぱりわかりません。触れないわけにもいかないので(笑)本盤タイトルにもなっている、またこの曲の一発屋との評価もあるかもしれない、しかしいわゆる大ネタ中の大ネタである"Get Up And Dance"、筆者の狭い情報の中でさえ、Grandmaster Flash & Furious 5,SWV,スチャダラパーなどにそれもモロに使われているので、もしこのグループを知らなかったとしてもほとんどの人が、文字通りどこかでは聴いたことがある曲なのかもしれません。そんな大きな一発曲があると、アーチストによっては不幸かもしれませんが、同時にこうやって?いつまでも語り継がれるチャンスも生まれるわけで、中にはそれだけで食い繋げる人々(アーチスト本人に限らず)もいるのかもしれませんし(笑)さらにもしかしたらアーチストが死んでしまった後でも、再評価される種にもなるのかもしれません。↑こんなことは全部どーでもイイんだ。フリーダム!これ超イイんだけどー!Come on Get Up And Dance!

(DISCOGSないよ…)