mother
ハードロック界では一部ながらもそれなりの知名度があるらしいこのバンドではなくバン、当然門外漢である私は名前も音も初めて聴くわけですが、一言で言うと古臭い、それはもちろんNGワードのようであり、しかし私的には今となっては一種の褒め言葉として使っているので、私は嫌いではないです。ここまで遡って古臭い雰囲気は潔く感じ(もちろん1970年当時には最先端だったのでしょうが)曲自体も良い曲ばかりじゃないかと思います。見つけた盤は1st「Bang」+2nd「Mother / Bow To The King」の2in1でしたが、そのカップリングではDISCOGSに無く(1st+3rdのような他のカップリングはありますが)実際の音もプチプチ音など入るいわゆるアナログ盤起こしのブートに近いブツでした。しかしやっぱりなかなか魅力的です。1stの方は1曲目などニルヴァーナの曲のギターリフはこの曲からぱくったのではないか?と言うくらい元祖グランジのような雰囲気もありつつ、おそらくUKのハードロックに憧れ模倣したような雰囲気という意味では素直でストレートすぎるハードロックという所ですが、しかしその1stでもLPではB面であろう後半に架けて少しづつ地元USのブルース色も出てきたりします。2ndなどは1曲目、アコースティックで妙に爽やかな序盤からだんだんとハードになっていく様は見事ですし、基本的に1stと同じではありますが、やはりアコースティックな雰囲気などの小技が増えてると思います。だらだらと書いても何なので、要は古臭いけど良いものは良いとでも言うところでしょうか。It's old but goodです。

DISCOGS