いやいや商業用リニアモーターカーで500Km/h超えたとかニュースで取り上げてますけど、なになにもう5年半も前にフランスのTGVが574Km/h出してますね。当方エントリーでも5年半前に前振り前段で取り上げず済み(笑)ただまあTGVの時は商業用には使えない車両でという括弧付きですが。今回のリニアモーターは普通に公共交通化前提ですもんね。でもリニアモーターは非接触系、TGVは当然接触系という所からも未だ凄い記録のような気がするから書いてみた。でも↓なんだこれ(笑)エントリー用に最速電車でいま検索して発見。乗り物って所がポイントね。よく乗るよ(笑)40G!その後地上でマッハ9!?横倒しロケットじゃん(笑)アホだ…


demonstrationtapes
このギャルバン自体はざっくりとしたジャンル分けでいくとポストパンクに入るかと思うんですが、DISCOGSによるとメンバーの一人(リーダー的人かな黒髪の人)はダムドのキャプテンセンシブルと付き合ってたそうで、実際彼の代表曲"Happy Talk"のバッキングボーカル(コーラス)で参加していたりとパンク自体との繋がりや、実際の音からやライナーノーツによるとThe Shangri-LasやThe Shirelles(この盤には未収ですがシングルでカバー)などの米国女性コーラスグループ辺りの影響がコーラスワークや60's風の旋律などから感じられたり、1980年代初頭という時代柄のギターポップな曲調からは後のいわゆるネオアコ系にも相当量影響を与えてるのではと思い、やはりポストパンクと括ってしまうのは何か抵抗がある型破りな部分があるギャルバンじゃないかと思います。またDISCOGS情報だけですが彼女たちの唯一のオリジナルアルバム(ちなみに丸ごと含むCD3枚組もあるようです)らしいこの盤もそんな豊かな音楽性が渾然一体となってるような全27曲(LPだと2枚組)で、シングル曲もあるようですがしかし飛び抜けてキャッチーな曲というもない代わりにボトムアップ的に全曲クオリティは高くまるでベスト盤のような濃い内容だと思います。聴いていると場合によってはこれほど幸せな時間はないと思えるほどです。なにより萌えるギャルバンです。

DISCOGS