Benvenuti
なるほど、狭い世界でちまちまやっていると、いったんああいう事態が起きると自分の大きな世界の危機のように思ってしまう人もいるのだな。正直悲しいね(笑)他人事ながら。そういう連中は言わば書を捨てよ町へ出ようでドアを開けてもっと大きな世界があるんだと、再認識した方がよいと思うよ。元々は知ってたはずなんだからね。人間って良くも悪くも動物的本能なんでしょうけど、その場に適応しようという環境適応能力?がやっぱり動物ゆえか結構あるんですね。その場に安住する為にそれも必要なんだろうけど、一方フロンティア精神も同時に必要なんだろうね。などと今回思ったね。どっちにしても大した事じゃないよ(笑)まあ当事者には深刻なんだろうけど。

ベタですね、イイ意味で。マティアバザールの何枚目になるんでしょうか、イタリアではバンドの大御所中の大御所になるんではないでしょうか、たいていプログレコーナーにいるバンドだと思うんですが、しかし個人的にはあまりプログレは感じません。DISCOGSでもGenre:Popとなっているようにポップながらもイタリア的なんでしょうか、憂いのあるポップさの曲がこのアルバムでは大半を占めます。ハードロック的にギンギンと来る曲もあるにはあります、それは恐らく世界的にあらゆる国で、バンドと呼ばれるものが一度は奏でるであろう曲調だと思い、そういった意味では各国の"その手の"バンドのお手本になるとさえ思えます。実際このバンドが好きでバンドを始めたというミュージシャンもいるのではないでしょうか。たしかにプログレも感じますし、しかしそれだけはないポップス、ハードロック、ブルース等々、様々なバックボーンも感じられそれらが無理なくこのバンドで溶け込んでいる、バンドとして素晴らしいと思えます。

DISCOGS