coldwaterflat
シューゲイザーと言い切ってよいと思うバンドの唯一のアルバムのようです。シングル(EP)も2枚も?持ってましたが一枚は捜索不可能だったりして、それらEPの編集盤「Baby's Angry」というのもあるようなので思わずそれも欲しくなったほど、言うなれば典型的なほどのシューゲイザーな感触があるバンドではないでしょうか。ただ上記シングルの「45」はまさにシューゲイザーという所なのですが、アルバムともなると単純に曲数が多くなるという事情だと思いますが、シューゲイザーでも一本調子で来られるとさすがに飽きると思いますし、やってる本人たちもいろいろな事を試したいだろうし変化を付けるというのは大抵のアーチストがそうすると思います。しかし彼らの場合はもちろん曲毎の微妙な違いはありながらも、アルバム全体としてもまた一曲毎としても、雰囲気的にはなにか一貫してると思います。それは簡単に言えばオリジナリティという物だと思うんですが、それがあるというのは立派なアーチストだろうと、極当たり前のことに聴いていて気付かされました。ありがとうリヴォルヴァー、イイバンドです。(太田胃散?)

DISCOGS