submarine
The Loft→The Weather Prophetsへと渡り歩いたというか多分リーダーで音楽的な面はほとんど彼に寄るところが大きかったのではないかと勝手な妄想をしてるんですが、なぜならばThe Weather Prophets解散後の初ソロであるこの盤も基本的にはその両バンドの音楽の延長線上に感じ、むしろどこか奇を衒ったようなキャッチーさをいわゆるギミックと呼ばせてもらうならそれがあった両バンドからそれらを削ぎ落としたような印象で、これが純粋な彼の姿だとすると、バンドを経た上でなるべくしてなったソロの意義の大きさという意味で、かなり感慨深い盤だと思います。少し分かりにくいので(笑)なんとも言えないイイ曲書きますこの人。メロディメイカーというには歌謡曲的なという意味でのキャッチーさはなく、しかし単にSSWというのにも抵抗を感じる、やはりソロでもインディ系バンドサウンドをどこか意識したような楽曲自体なのかもしれません。この音楽自体と同様、やはり一筋縄では形容しがたいですね。そういった意味では深いのかもしれませんが、なにそんなことなどどうでもよくなるほど聴いているとこれはほんとに癒されます。それだけでイイのかもしれない。

DISCOGS

Submarine

Chevron