plasticletters
1stは持ってないのでこの2nd、さすがに1970年代らしくもう相当牧歌的にポップなロックという印象はどうしても持ってしまうのですが、特に2曲目"Desnis"辺りのアメリカンなハイスクールのダンスパーティなどでかかっていそうな雰囲気や、カントリーからの流れの少し埃っぽいハードロックなどとともに、やはり一番ブロンディらしい気がするエレポップの曲がそれらに挟まり存在してるアルバムでしょうか、もちろんそのエレポップの曲も35年経った今聴くとシンセの音色や場合によっては使い方かもしれないその素朴さにはほのぼのしてしまうのですが、しかしクールと言う意味でのかっこよさは普遍的じゃないか?と思います。それにしてもDハリーの声の存在感、言わずもがなですがこのバンドの大きな部分を担ってるという気がまた改めてします。

DISCOGS

Fan Mail

No Imaginations