woodenfoot
ウデェントップスのラストアルバムとのこと、初期とRough Tradeからのシングルはほとんど持ってるほど好きなウデェントップスなんですが、このラストもRough Tradeからでそこでの集大成的でしょうか、どこか野暮ったいような垢抜けてなさが逆に魅力の気がする雰囲気は一貫していながらも、そんな中でも様々な曲調は飛び出すアルバムだと思います。さらにシングル曲"Stop This Car"辺りが象徴しているように、制作時点で解散など分かっていなかったとは思いますが(実際この後もシングルは何枚か出してるようですし)しかしラストにしてこの疾走感、そう思うと潔いというか勿体無いという意味で一抹の寂しさも感じてしまうような、名作じゃないでしょうか。

DISCOGS

Maybe It Won't Last

Stop This Car