kimonomyhouse
世間的な名盤を恐れを知らぬ精神的子供goglemanさんが聴き、そしてレビューするシリーズ。イイアルバムなのでしょう、といきなり引いたような斜に構えたようなポーズですが、何と言ったらイイのかな(笑)脳停止状態で言うと常套句「難しいアルバム」です。誤解されるかもしれないので、優れたポップス性を持った疾走感溢れる時に大仰なほどドラマチックにしてコミカルな批評精神まである鉄板のヒネクレロックの大定番、という所でしょうか…つまり隙のない完璧さです。しかし、そこがまさに隙となり完璧でなくしているような、やはり難しい所ですが、詩的に言うと蟻の城のような、どこか化けの皮を剥いでしまいたいような衝動に駆られるアルバムなのです、筆者には…いや、ロックとはそもそもそういう傾奇者(歌舞伎者)なのだ、というまたしても大上段に構えた場合、これはロックの本質的なカッコよさを見事に表現しているようなアルバムなのかもしれない、とも思います。やはり名作なのでしょう…

DISCOGS

Amateur Hour Live

Falling In Love With Myself Again