ccat
どこかの2ちゃんねるまとめ系サイトでちらっと見た「するってぇと何かい?」って人生で一度も言わないよな、とかいうスレがあるらしく、まあスレ自体はよくある重箱の隅的どうでもイイスレだと思うが、そうするってぇと実際の会話で言ってみたくなる元江戸っ子(神奈川県在住)です。寄席などに行けばそこでは基本的にこの江戸弁(と言うのかな…)であり、筆者は違いますが相当通うような落語マニアくらいになれば、日常会話でもそれくらいの言葉使いはぽろっと出てきてしまうと思うけどね普通に。落研にいた人などは普通に使うんでないの?ただレスでもあったけど江戸弁もだんだんと使われなくなり無くなってしまうのか、と思うと悲しいので筆者もこれから意識して使っていきたいと思ったのでね。このブログ中でも頻繁に使うようにするか…ただ言葉づらだけではその微妙なアクセントまでは伝わらんからな。少しダミ声ぽく言わんといかんのよ。てやんでぇべらぼうめぇおととい来やがれってんだ〜と無理に言ってみた。

今日はコレに尽きる、レコ屋で発見で小躍りです。私的にはUK系の隙間に位置するCキャットトランス、幻の?1stミニアルアバムを600円で発見です。レコ屋でもうれしくて小躍りとはウソですが、ニンマリとはしました。後の過去音源コンピにもこのミニアルバムの6曲中3曲は収録だったようですが、そのコンピ自体現時点では入手困難ですし(ちなみにもう一枚のコンピは入手容易)、なによりこうやってジャケ付きオリジナル盤として1枚、入手出来たのがたまりません。まあ内容は聴かずとも想定内だった彼ら流の似非エスニックテイストがある当時のNWですが、これでイイのです。肝心の内容よりもブツです。できることなら盤とジャケを舐めたいくらい…

DISCOGS

Hypnotised