werks3
(毎)週末寝過ぎでぼーっとするわ…こんなブログ更新するのもめんどいくらいなんだけど、しかし根の真面目さが毎日更新によく表れてる。ま、いつもながら投稿時間操作ですけどね(笑)そこであまり考えなくても書けそうなクラフトヴェルクのブートのしかし何故かその3です。このDie Klassik Werksシリーズは有りがちなライブ収録物ではなくKWの世界各国の7"or12"などから選んでいる(厳選してるかは分かりませんが)のでライブ音源は正規盤でもあまり得意でない筆者にはなかなか好感の持てるシリーズです。とはいえ必携らしい?Vol.1は未携、後は2と5を持っている程度です。まあこの3ではFケヴォーキアンによるミックスの3本辺りが基本的には堪らないのですが、その他にも1曲目"Autobahn"の短過ぎるバージョンやこれは別にレアでもなんでもありませんが(邦盤CDなどにボートラで収録です)日本語の"Dentaku"や復活期であろう「Electric Cafe」収録"Musique Non Stop"のチキチキシャカシャカしてるいかにもなデモバージョン辺り収録も好感で、一言楽しい内容です。Kバルトス氏のElectric Musicの曲も2曲入ってますが(笑)必携というVol.1の次くらいの好内容ではないかな(笑)それにしてもDigital Remasterと書かれてるのだけど、ほぼ全編(アナログ)盤起こしなんですけどね。でも以前はCD-Rのみで出ていたブツのプレス盤のようではあります。

音楽萬屋Kent

Dentaku(ベタですが他に盤収録音源見当たらないので(笑)