Orchestra 2001
どの街でも行くところは結局レコ屋しかない筆者はこれだったら駅とレコ屋の往復なので、せっかくその街へ行ってもその街の特徴がまったく分からないかと思うと電車賃がもったいないような気がします。というかいちいち別の駅へ行くのはめんどくさいので関東なら関東のレコ屋が一箇所にまとまったような場所あればなあ…と真剣に妄想してます。そんな場所は筆者的にはまさにこの世の楽園ですけどね。今日もそんなとあるレコ屋のエサ箱にひっそりとあった一枚(300円也)。

フランスのシンフォロックバンド、ワパスーのラストアルバムのようです(未CD化)。とはこれしか知らないのですが、1970年代からそのフランスプログレ世界で活躍していたらしいバンドで、その手の愛好家にはそれなりの知名度はあるそうです。本作は1980年代も86年のリリースで、信じられないようなジャケのセンスにも愛着が湧いてしまうくらい一部通じる部分がある、はっきり言うと飽くまで80's的な意味で少しお洒落っぽいフレンチプログレという感じでしょうか。上手く言えませんが音的になんとなくというかかなりフランスの香りはします。名前を上げていいかわかりませんが同国という意味で私はエールにも通じるような気怠い雰囲気を感じました。こういう雰囲気はフランスならではなんでしょうか。

DISCOGS

(本作音源なし、かなり昔の1stではありますが参考音源です)
Trip