nightbrids
マントラときたらシャカタクですよね。とりあえずは一曲目"Night Birds"だと思いきや、その後も全く同クオリティのフュージョンサウンドで一切抜かりはないアルバムじゃないでしょうか。2曲目の"Streetwalkin'"の夜のマンハッタン(出来れば雨が降っていてほしい)感はとてもブリティッシュバンドだとは思えませんが、歌が少し要らないかな…このバンド、サウンドは上記のように完璧な当時のフュージョンだと思うんですが、雇なのか?♀ボーカルとコーラスが少し安っぽいのが難といえば難ですね。まあそこがまた当時の80's的なバブルぽさを醸し出しているようで、それがイイんだよと言う人もいるかもしれません。そうかと思えば"Bitch To The Boys"ではファンクテイストまで飛び出してきて、この人達の才能は底知れないなとすら思えます(でもこの曲にも当然のように♀コーラス隊←Bitch?が)。そしてラストの"Takin' Off"は"Night Birds"の別バージョンのような完璧さということで、ノリのよいフュージョンと言えば、シャカタクでしょう。

DISCOGS

Night Birds

Takin´Off (最初の無音部長し)