Thompson Twins Box Set
インスタントコーヒーをビンから直に入れたらカップに大量に入ってしまい先に牛乳を入れていたのでもう取り返しもつかず、しょうがなくそのまま超濃いコーヒーを飲んでたら胸焼けして気持ちの悪い大晦日です。だらしない生活&性格のとおり、いつものように年またぎで更新。わはははこれもヘビーだ…実際重い…トンプソンツインズの幻だった、でもこのご時世ではもうリマスター再発などされて珍しくはないですが、その1stから5thまでのアルバムとそれらアルバムからのシングル、その前後のレア音源等々、恐らく発表できるコードに引っ掛からない?考えうるだけの曲をぶち込めるだけぶち込みCD8枚組にしているボックスセットです。Disc1が幻の1st、Disc2が1stほどではないらしいですがやはりあまり知られていない言わば日陰の2ndと、各々一層レアな音源をボートラとして収録というのが最初のセットですが、2枚組用CDケースなのでケース的には4ケースでボックス化してあり、後の3rd〜5thは本体がDisc1+ボートラとして、Disc2が本体アルバムからカットされた12”シングルバージョンとそのB面+レア音源などという構成です。8枚全てほぼCDフル収録の各70分以上なので一気に聴くと単純計算で10時間くらいかかってしまいます。そんな暇はさすがに暇人の筆者でもないので時々ちびりちびりやってますが、1年以上も前に買っておいてまだ全部聴けてません(笑)それでもしかし、やっぱりここでは4th「Into The Gap」ではないかな、と思ってます。4thアルバム本体の全曲、無駄なくらいポジティブなバイブレーションで満ちてます。なんだろうこのやけくそ一歩手前な感じの応援歌達は。元々なんだかわからない希望溢れる感じが特徴というかオリジナリティの彼らだと思いますが、やっぱり成熟期であろう4thにおいてそのピークを向かえていたのだなと感慨深いですね。比べてしまうと、5thではその点でだいぶ落差を感じます。すばらしいですね、そうとう嘘臭い紅白歌合戦の100倍は明日というか来年への希望をもらえる気がします、というか今聴いてもらってます。

DISCOGS掲載無し。

You Take Me Up

Hold Me Now