I Do Not Want What I Haven't
もうしわけない人にも興味はないし、アルバムもこれしか持ってないのですが、これはさすがに80'sだろうということで持ってました。そんなわけでプリンスの曲で彼女にとっても代表曲であろう"Nothing Compares 2 U"にどうしても注目してしまうんですが、彼女自身SSWということで1曲目のオケストリングスのみをバックに歌い上げるドラマチックな曲や、これもほぼブレイクビーツだけをバックになんとなくお経のように歌っている2曲目辺り、やはり相当シンプルなアレンジには改めて聞き返してみて意外でしたね。そうかと思うと古いカントリー調の曲も続いたりとなんとなく昔の映画のサウンドトラックのようだなと思ったりです。そんな全体的にはドラマチックな雰囲気ながらシンプルなので嫌味もないです、やっぱり80'sを代表する一枚なのでしょう。という今まで頻繁には聴いてこなかった寝かしていたと言える盤でしたが、この歳になってようやく良さが解かったような気になった盤で、今後も聴いていけそうです。

DISCOGS

Black Boys On Mopeds

You Cause As Much Sorrow