ana
あぶらだこは凄いなあ(笑)四半世紀以上の活動があるらしい彼らですが、そんな歴史の中では最近になるんでしょうか、2004年度盤(と言いたくなった)です。アルバムタイトルは全て無しというか全て「あぶらだこ」の彼らですが、これはトンネルジャケなので通称「穴盤」だそうです。そんな情報はウィキの丸ごと受け売りですが初期はハードコアパンクだったとか、しかしコンセプチュアルだったりということは、やはりどこか凝ってたのでしょうね、パンクからプログレになっていった、と言っても過言ではないのでは。実際吉田達也が太鼓を叩いていた時期もあるようですが、他のDs.はラフィンノーズに行ったりしてますか。とまあその辺人脈を見ると、彼らは日本の大御所バンドだ、ということになるのでしょう。そんな長い歴史の彼らのこと、この2004年時点でバンド暦20年は伊達じゃない、一曲の中でも曲調がくるくると変わる物凄い変拍子の中、歌は字余りの嵐、しかしかなり韻を踏んでいる所などは昨今のなんちゃってアンダーグラウンドヒップホップなど小学生のダジャレに聞こえてしまうほど品位のある豊富なボキャブラリー等々で突っ走ってます。3.磁場、4.鰐園、辺り凄い。

オフィシャルHP
DISCOGS&YT無し(残念すぎる…)