Sex & Death
カサンドラコンプレックスの実質ラストアルバム「Sex & Death」です!とまあ都合よく言ってますが、じつはこの1993年の後2000年にもアルバムが出ていたようです…ただそれは未聴にして、恐らくもうこの頃のCCはいないだろう、とは勝手な思い入れですが、しかし言わば第一期の最後を飾る本作は同時代のミニストリー始め打ち込みのインダストリアルロックからの影響がもろに出ていながらも、いや元々は俺達がやってた事なんだけどね、とでも言うかのような余裕のインダストリアルロックの作風です。元々どこか野暮ったいような、ビートもタメを通り越してもたついてるような雰囲気が彼らのオリジナリティだと思いますが、やはりそれを恐らく第一期を通して貫いた強い意思と、ゆえにつらい事もあっただろうにと、その忍耐力の男らしさに頭が下がる思いです。本当に最後までこれを貫いた、愚直なという意味で、ダサかっこいい連中です。タイトルもいかにもですが、そんな彼らをロッカーだと思います。

DISCOGS

Mouth Of Heaven

The War Against Sleep

Realm Of The Senseless