Grava 4
ウィンドウズでいうと7だのVistaだのの時代にXPネタで恐縮だが、しかし今も世界的にはXPを使ってる人が一番多いのではなかろうか。そのXPというよりも(笑)付属ソフトのService Packってありますよね。あれ、とある事情でダウングレード、3→2にしたんですが、いろいろ不具合が起こってめんどくさーい!なのでまたアップグレード、2→3にしようにも、今度は完全にこちらの勝手な事情ですが、HDのスペースが少なくて、また3もでかいのか?アップグレードもできなーい!10年前のVaio使ってるのでHDの総容量もXPにすら付いていけないんですわ…しょうがなくCドライブ(にOSセットされてますからね)内のクリーニング、というよりも使ってんだか使ってないんだかよく分からないソフトをそのつどチマチマと削除していってる今現在であります。

ドレクシアのラストアルバムです。この傑作に対してなんと言ってよいやら…まず片方の人James Stinsonはこのアルバム発表同年(何ヵ月後か)に亡くなってしまいました。なのでもう一人Gerald Donaldはもうドレクシアという名義は使えなくなり、ゆえに同名義としてはラストアルバムのようです。ラストにして最高傑作との評価もあるアルバムですが、基本的に同意見です。ただ彼ら独特の世界観であると思う「近づくことが出来ないような超深海に宇宙人の子孫らしい深海人達の世界が広がる」というようなコンセプトで全編貫かれている「Neptune's Liar」と比べるとそのような一貫性はあまり感じませんが、しかし、一曲毎のクオリティはやはり全作中一番の水準ではないでしょうか。本人達も含め誰も予想だにしなかった突然の最後にして、まるで集大成的、今まで発表せずに貯めてきた上出来の曲ばかりを集めて一枚にしてしまったかのような神秘的なアルバムです。

DISCOGS

Drexcyen Star Chamber

Hightech Nomads