For the Beauty of Wynona
まずはインパクトのあるジャケなんですが、タイトルから最初ウィノナライダーの事なのかと思ったんですがスペルも違うようだし、その後調べた所どうやらオクラホマ州の一地方都市の事なんじゃないかと思います。グーグルのStreet Viewなど見ると空風吹く砂漠の中の町って感じですね。まあそのようなジャケやタイトルなどにはじつはあまりこだわらない筆者ですが、しかし内容もその両要素に似つかわしい雰囲気なので名ジャケ&タイトルに認定です。彼や相関関係もまったく詳しくない者でも、NGワード的なBイーノとの共作(Apollo)やU2での共同プロデュースは知ってましたが、その名作「The Unforgettable Fire」「Joshua Tree」との共通点を見ないでもなく、主に米国(彼自身はカナダ・ケベック州出身のようですが)のブルース&カントリーベースの乾いたような比較的シンプルなロックがやはり淡々と続いていきます。特にブルースのテイストが強く、乾いたのを通り越して枯れたような雰囲気が乾ききってひび割れた土地に染みこむ一滴の水のような味わいです。

DISCOGS

For The Beauty Of Wynona