Seduction: Danse Society Collection
なにかいっそうイイ陽気が悲しみを誘うのだが、GWも間近というこの月末、うれしいのか悲しいのか分からんじゃないですか。GWといえばなにもすることがないので、中間地点ということで市ヶ谷あたりの安いビジホかマンキツ、最悪カプセルにでも陣取ってお茶の水〜新宿レコ屋踏破も計画中なのだ。ほんとにチャリもレンタルしたりしてね、踏破ならぬ走破10日間やってみっか?ノートPCも携帯すら持ち合わせてないがマンキツかネカフェなら変わらず収穫物披露ブログも続けられるしね。誰か一緒にやらね?特典は、goglemanさんの添い寝付き、もちろん男女問わず。少し死にたくなってきた…今日も収穫物で、昨日+本日分ではこれが一番ポップスという気がしますが、ダンソサ(略)の歴史的1st+初期12"からの数曲をカップリングした盤ですか、1stはLPで持ってましたがまたCDで聞き返してもみたく、ボートラ的その他曲もハズレらしい曲もなく、結構楽しめました。というかヘビロテです!筆者的には名盤2nd「Heaven Is Waiting」から入ったのでリアルタイムで1stを聴いた時は初期ゆえの素人っぽさ=2ndに比べて単純な気がしたので当時は物足りませんでしたが、こうやって聴き返してみるとやはりピュア&ナイーヴという印象は変わりませんが、ここが原点なのだろうと感慨深くもありますね。個人的には"Falling"がズンドコリズム&薄っぺらい添え物的ギター&焦燥感溢れるボーカルなど、一番ゴスぽいという意味では好きですね。対して"Danse / Move"や"Somewhere"あたりは良くも悪くも、後のダンス的展開が既に出ている曲。いずれにせよヘビロテです!きもちイイ〜それにしてにも、またCherry Redか!という感じで過去の名B級?バンドのコンピ大国と化しているこれもCherry Redから。600円也。

DISCOGS

Falling Apart

Somewhere