So far
お盆にも関わらず、相変わらずテレビをガン見しているgoglemanさんなんですが、全体的にさすがにつまらずしょうがないのでそういう時はテレビショッピングチャンネルまたはQVCなどを見るわけです、でも下手なドラマなどよりもよっぽど面白いですね。というかキャスター?のねえちゃんというかおばちゃんなんでしょうけど(笑)もちろん一流どころの凄い美人とまではいかないまでもそこそこの美人+ゆえに妙に色っぽくて(凄い美人って色っぽくないですよね、違う?)有意義な暇つぶしにはなりますね。本日は北條真紀子というおねえさんが健康グッズの上で寝転んだじつに無防備な格好がたまらんかったのですが、よろしいな、女の人がほぼ大の字で寝ている姿は。うなじから肩そして二の腕へのかけてのラインと、ウエストからヒップそして太ももへかけてのラインが特によかった。

昔流行ったと思うラディダのコンピでも。目に付いたから取り上げてるんですが(基本的に全部)好コンピなんじゃないでしょうか。もちろん全てこのレーベルから出てたアーチスト達、爽やか系がDead Famous People、How Many Beans Make Five、John Cunningham辺りから、英国的哀愁の青春ポップスAll Over The Placeや、ニューウェーブのLiquid Faeries、シューゲイザーのEarwig、などでしょうか。まあ門外漢なわけですが、それでも同時期のどいつもこいつも買っていたCreation系よりも地味ゆえに好感持てますね。

DISCOGS

Liquid Faeries - This Scene Is Happening

Earwig - Everything's Just Fine

All Over The Place - Strange