Ambush
この時期になると、どこでも太平洋戦争の事をやっており、テレビしか楽しみのない筆者は「なるほどな〜昔の人は大変だったのだな」などと影響受けまくるわけです。特にブームの水木しげる先生の「総員玉砕せよ!」を元にした番組をBSハイビションでやっており(再放送)水木先生の「生き残った者は死んでいった者の分までおもしろ楽しく生きねばならない」には「たしかに」と思ったりしてね。たしかに、このgoglemanさんのブログなどを例にしても、こうやっておもしろおかしく更新出来てるのも、元をただせば、そういったご先祖様が我が身を犠牲にしてまで守った日本の上で始めて成立しているわけであり、そう思うと涙を流しながら更新しています。

オリヴァーリーブ師匠の変な変名でも。この名義では唯一のアルバムのようでシングルも数枚出したようですが、あまりやる気のない名義のような気がします。名義名通りなのか、やはりなんとも微妙なトライバルビートの上へ師匠節だと思うジャーマントランスなウワモノが乗るというスタイルです。ただやる気ないとは書きましたが、またそんなへんてこりんなスタイルながらも、さすがにアルバムはそれなりに考えているようで、中には16分、17分という長丁場もありますが、飽きる感じはないですね。一種の奇盤かな。

DISCOGS

Casablanca

Aton

Terra