The Gathering
夏祭りのお囃子の練習が始まりました。私は小学生の時習った覚えがありますが、暑いのでめんどくさかったことしか覚えてませんね。しかし大人になってから聞くとロマンを感じますね。とくに聞こえるか聞こえないかくらい遠くのお囃子がイイですよね。湿度は高いけど梅雨も明けたようだし、夏だな。

門外漢の偏見でレビューしてますが、このゴアトランスですか、サイケトランスとゴアトランスの違いすら知りませんが、このチームはメッカのイスラエルのチームですか名前くらいは知ってて買ったんだと思います。ゴアなりサイケなりは、単なるキックのBPMの速さだけではなく、もろなシンセベースやいわゆるオカズ的鳴り物の多さと、やっぱりその性急さにとても老体は追いついていかないな、と最初から断念してるんですが、しかし彼らはさすが大御所なんでしょうか、特にそのウワモノ関係の音色選びのセンスに助けられる気がしますね。これでシンセ音丸出しの痛い音だったならば、とてもじゃないけど10分と持たないな、などと思ったりします。やっぱり音色って大事ですね。このアルバムはその性急さにさえ慣れれば(べつに慣れたくないかもしれませんが(笑)、大掃除の際、効率アップの為のちょっとノリが良いBGMなどとして聞き流せるほど素直なゴアトランスじゃないでしょうか。しかし聴いてるうちにかなり作り込んでる音だなと思ってきましたよ。単純な例だと、パンの振り方にまで気を使ってるみたいですね。そこら辺はかなり好感持てますね。

DISCOGS

Release Me

Psycho

Virtual Voyage