Exercise in Tension
デッサウの1stですか、たぶん一般的にも個人的にもミニストリーの真似っ子という印象しかないんですが、実際ミニストリーの二人がプロデュースしてる曲などもありますし(後述"Isolation")、ミニストリー別働隊リボルティングコックスのメンバーなどと一部交流というかスワッピングもあったのかな?そんな雰囲気なので同士というか戦友といってもいいのかもしれませんね。そんな音も打ち込みのハードビートにエクストームな感じのギターやボーカルが乗るというサウンドで、やはり上記2チームと大差ない感じですけど、オリジナリティーを感じるところは比べると少し土っぽいところです。たとえばEBMやニュービートなどの硬質すぎる感じが苦手な人はむしろいけるんじゃないでしょうか。ジョイディヴィジョン"Isolation"のカバーは原曲のピアニカのようなシンセが持つヘナヘナさ加減を再現。DISCOGS