Freek Funk
せっかくの土曜日を一日寝て過ごすのはなんとも空しいものがあるが、しかし外は雨という立派な理由が出来る梅雨どきはそれなりに好きである。ルーク師匠のアルバムでも。まあ師匠と勝手に呼ぶ人が一体どれくらいいるかという筆者ですが、それでも100人中には入るくらい好きです。ただこの人、このアルバムを通して聴いてもらえば好きでもない人でも分かると思うんですが、非常にテクノ的に多才ながらも、ゆえに器用貧乏感もある人ですね。そんなこのアルバムは彼にとっても技を披露しているショーケース的アルバムと言え、各々水準点を超え、クオリティ高いテクノ楽曲群となってます。DISCOGSの人も書いてますが、アンビエント、ダウンテンポ、ブレイクビーツ、エレクトロ、ミニマルなど、やはりテクノと一言では言え、とんでもないバリエーションです。聞いてことない人も損はしないので一聴を。DISCOGS

Purely


Score One & Origin


Love (PV ver.)