二つに分けてまでアップしたマイケル氏の好きな曲でも。というかリミックスが好きなんですが、ファイヤーアイランド(ファーリー&ヘラー)の個人的にはベストワークの一つかと思われる、展開があるUKガラージです。当時のファイヤーアイランド節である丸っこい音主体のビート&ベースなども、ビンテージスタイルというよりももはやUKクラブ界殿堂入りの確立したスタイルかもしれません。そこへマイケル氏の卒が無く巧みなボーカルワークが乗るということで難を見つけることができない鉄壁のクラブガラージとなってます。
DISCOGS