Tri-State
アボヴ&ビヨンドのレーベルコンピなど除くとオールオリジナル曲による実質1stでしょうか。少し前まではトランス界希望の星のようだった彼らだと思いますが、今そこからは少し落ち着いたところでしょうか。この2005年発表のアルバムもそんな絶頂期だったこともあり相当ヒットしたと思います。中にはロッキンなプログレハウス寄りのトランスもありますが、それも含めてメランコリックで、いわゆる泣きの楽曲群で全編通されているのは驚きます。歌手をフィーチャーしてる曲はもちろん泣きのメロディーを歌わせてますし、インスト曲の主旋律も全て哀愁を感じさせる物ばかりです。そうすると日本的イメージでは秋向きのアルバムのような気もしますが、世界的にはどうなのでしょうか。一曲一曲いちいちレベルが高く、はっきり言って捨て曲は一つもありません。ですがメランコリックなトランス系楽曲には好き嫌いあるとは思います。個人的にはノンビートの"Good For Me"がベストでした。NHK真夜中3時くらいの減力放送的番組でもBGに使われてました(笑)

DISCOGS

Good For Me