keep your distance
猫を殺すことへの好奇心、というひねくれたバンド名とは反対に実に爽やかポップスでノリも良い所謂ブルーアイドソウルの両要素を持っている優れたバンドでしたね。この1stにしてそんな両要素が絶妙にブレンドされた完璧な作品なので、チャート的にも売れたと思いますが、これを超えなくてはならないと思ったかどうかは分かりませんが、2ndへのプレッシャーはバンド内でも相当あったのではないでしょうか。それくらい完成されてしまっています。もちろん捨て曲一切無し、強いて難を付けるならば、それらノリの良い曲が次々に続いていくので中だるみがない所くらいでしょうか。つまりアルバム構成はほとんど考えてないような気がします。それくらい自分たちの楽曲の完成度の高さに自信があったのではないかと思われます。しつこいようですが、ポップスとブルーアイドソウル、両方の狭間の絶妙な立ち位置にいたバンドだったのではないでしょうか。

DISCOGS


Misfit