no peel
なにか気が滅入るな。電車では、ヤン(キー)ママ軍団が乗ってくるなりワーワーとうるさいし。進行方向へ向いて並んでる席で、私とは通路を隔てた通路側の空いてる席に座ったんだけど、奥の窓側に座ってた女の子がびびって席譲ってたよ。「あら〜ごめんなさ〜い」とか言ってたまではよかったんだけど、その後うるさいのなんの。軍団なので、立ってるママっぽくはない友達と座ってる方のママと子供など、話の内容はくだらなすぎていちいち聞いてませんでしたが、ママか友達かは分からなかったけど、子供にバカとかハゲとかアホとか言ってたのには呆れたね。ああいう連中に育てられたらどういう子供になるんだろうね。子供は親を選べないからな。気の毒だと思う。一種の、と言う以上に完全に幼児虐待でしょう。すでに頑固なおっさん化してる私は「うるせえぞ!」とよっぽど言おうかと思いましたが、大人になってやめときました。

ニューオーダーのピールセッションなんですが、まあ内容は、よく使われる表現、ジョイディヴィジョンの影をまだ引きずってる頃ですね。2nd「Power, Corruption & Lies」からの曲も2曲入ってます。疲れてるので早い話、"We All Stand"を聴きたかったんです。前も書いたネタ(作り話という意味ではないよ)ですが、新潟県の中条という所に出稼ぎに行ってたとき、土日とかすること無くて、深夜の県道というより田舎道を飛ばしてお隣の村上市などに意味も無く行ったりしてたんですが、いや正直に言うとエロいビデオショップ、よくある、窓に目張りなどしてある大人のおもちゃなども売ってるような所にも行きましたが、その後はほんとに意味も無く、海岸が近いので海岸に行ったりしましたね。もちろん田舎町なのでそんな夜中はみんなとっくに寝てて、歩いてる人なんて人っ子一人いませんでした。あそこら辺は山形県との県境なのでもちろん県道は続いてましたけど、心情的にはこの歌詞「今夜の空は赤いな(実際、大都会新潟市内方面の空は赤かった)、ここは道の終わりだ、それでも生活は続いていく」ということでした。

DISCOGS


We All Stand