年末年始テンション低くてどうする!?一年で一番テンション上げてけ僕。昨年中はおせわになりました!本年も飽きて無かったらよろしくおねがいします!

という今年最後の郷愁コーナーでも。昨年末は収穫物ベスト10みたいな事しましたが、基本的にというか常に今日の収穫がベストなので、昔の物はもはや過去の遺産です。今日こそがベスト!今を生きる!それにしても紅白、最高齢初出場という知らない普通のおばちゃんが歌ってる。その音を消して郷愁のゴダールサントラベストを聴いて見る、いやー愉快愉快。その後も…なんだかキマグレン?いきものがかり?なんちゅうバンド名か?末法の世だな。しかし「東京砂漠」の時はCD消してしっかり聴くと。名曲だな〜あと唯一の見所は仲間由紀恵さんですね。なに最初の真夏みたいなノースリーブのワンピース姿は?た、たまらん…しかし案外ゴツイんですね(笑)あれはジムで鍛えてるね。二の腕とかたくましい。それまたタマラーン!鼻血ブー!そしてついでに発見→資生堂CMなに見てるんですか?って…あなたしか見えない…それでは。


jean-luc1.Various - Bandes Originales des Films de Jean-Luc Godard
そうは言ったもののさて、どれから行くか…やはりこれから。どうやら独自邦盤なゴダールフィルムのサントラ曲から抜粋している中々気持ちの良い一枚。収穫から帰って来て早速部屋の蓄音機にかけた瞬間、帽子を脱ぐのも忘れてワイングラス片手にくわえタバコでジャンポールベルモントばりに小躍りしましたよ。700円也。DISCOGS
gershon2.Gershon Kingsley - Music To Moog By
ここら辺もアマゾン等では品切れというか廃盤(笑)なので速攻で買いました。ご存じモンド/ラウンジ界でジャンジャックペリーと盟友にして二大巨頭、ガーションキングスレイの方の初期大傑作のようです(最近知った)しかし時間がなく今はザッとしか聴けてません。今回の中では要聴き込みの第一候補です。525円也。DISCOGS
weather3.Weather Report - Mr. Gone
これは邦盤帯に「ウェザーリポートの中でも一番難解にして楽しいアルバム」みたいな事(だいぶ違うかも)が書かれてたので、安い方の外盤で買っときました。全然聴けてませんが、初っ端はアフリカンムードでたしか楽しげですね。630円也。DISCOGS
patmetheny4.Pat Metheny - Zero Tolerance For Silence
でパットメセニー、こっちは外盤のシールに「この十年で最もラディカルな録音、云々」とかのサーストンムーアさんの批評が書かれていたので買いましたよ。たしかに、全然フュージョン色が無い、ほぼノイジーなギターのみによるラディカルな作品。DISCOGSでもStyle: Noise扱い…完全に意表を突かれた…420円也。DISCOGS
12golden5.Various - Twelve Golden Grates
でノイジーな方向へ。さっぱりわからんレーベルですが、中にミカヴァイニオのΦやムスリムガーゼ(誰かにリミックスされてますが)等いたので購入。まあ値段も値段なので文句も言えませんけど、つまりそれなり。店屋でもずーっとあったけど、こんなの私くらいしか救出してあげる人いないじゃん…100円也。DISCOGS
tg6.Throbbing Gristle - Grief
でTG。これ、その手の名門Thirsty Earからですが、なぜか非正規版(Unofficial Release)のよう。DISCOGSの違う盤では評価2.2とかめちゃ低いんですけど、そこまで悪くはない、けして良くもないけど…ジェネP氏や多分コージー(Christine Newby)などがおしゃべりしてるのを変調してるだけの作品。サイケデリックだとも思いますが、でもインタビューディスクかも…450円也。DISCOGS
three7.Three Degrees / The Best Of
またダウナーな気分になってきちゃったので気分転換というか上がれ!(?)なのでスリーディグリーズのベスト。世紀の名曲When Will I See You Againからソウルトレインのテーマから「愛はメッセージ」など、なんでも入ってる22曲。一枚の天国。450円也。DISCOGS未掲載。
ministry8.Ministry - The Land Of Rape And Honey
そしてミニストリー…これは持ってなかったけんね〜100円だし買い。予想通りの音。ゆえに新鮮味が…というか12"シングルで持ってた。。DISCOGS
tiga9.Tiga - Sexor
少し前流行ったエレクラ系のティガ君を今更購入。2枚組みにしては安かったので。うーんボリュームなので全くといっていいほど聴けてませんが、素直すぎる?2曲目はヒットしましたね。どっちかっていうと2枚目リミクシーズの方が楽しみ。1250円也。DISCOGS
derplan10.Der Plan - Die Peitsche Des Lebens
ティガなんて(呼ばわり)彼らのマネでしょう。デアプラン1991年の作品を発見。気持ち良すぎるかるーいエレポップ。サイコー!900円也。DISCOGS
pyrolator11.Pyrolator - Wunderland
でメンバーだったクルトダルーケという人によるピロレーター。これ今は無きWaveレーベル(西武系のコアなレーベルでしたよね、もちろん店舗も六本木とか渋谷にありましたね)からの1989年邦盤なんですが、2005年にはボーナス4曲入りで再発もされましたが、それすらどうやら入手困難なようなので、しょうがないけど買いました。出来ればそっちが欲しかったな〜でも本盤は名作の誉れ高い盤なのでもうこれでいいです。1250円也。DISCOGS
felt12.Felt - The Splendour Of Fear / Crumbling The Antiseptic Beauty
これも、上記2枚のニコイチですが、もちろんどちらも持っておらず、恐ろしいことに一枚ずつ再発された盤すら入手難しくなってるので店屋で見つけて速攻でダッシュ、いや奪取です。申し分ない感じ(まだザッと聴き)単独レビューするかも?1050円也。DISCOGS
budd13.Harold Budd - Luxa
と染みる感じ繋がり+大人ぽく始まったので最後も大人サウンドで閉めます。詳しくないですが、基本ピアニストのバッドさんですね。これはジャジーなピアノが活躍するラウンジーな盤。低い間接照明のせいで表情も分からないほど薄暗がりの中、今度はブランデーグラス片手に葉巻の煙ををくゆらせながら、どっかりとソファーに座って聴いたらはまるんじゃないの。350円也。DISCOGS