今の住みか、神奈川県は解雇後の非正規労働者に住居を提供するという(ソース)。さすがヤル気のある松沢県知事、とも思ったが、しかし、最近解雇されたばかりの人がターゲットである模様。それではずっとホームレスだった人などの対策はどうなるのか?そっちの対策もきちんとやらねば差別になるのではないか?と勝手に心配。相変わらずの素人考えですが、もちろんきちんとやるのでしょう。

dinacarroll1.Dina Carroll - Livin' For The Weekend
一番ミーハーな盤(笑)歌姫ディナキャロル嬢のいつ頃の曲なのか全く興味ありませんが、プロデュースがモラレス、リミキサーがスペースブラザーズ&ファイヤーアイランド、と豪華そうなので買ったまで。想像以上によかったです(ほんとか)DISCOGS
chuckbrown2.Chuck Brown & The Soul Searchers - Hoochie Coochie Man
いきなり渋く古くなりまして1989年物、ワシントンゴーゴーの代表者チャックブラウン&ソウルサーチャーズの盤。非常に素直なテンプレート的ゴーゴーではないでしょうか。DISCOGS
stanivory3.Stan Ivory - Music Man
奇しくも同年物でしたがこっちは全くしらない人。レーベルもしらないにもかかわらずラベル買いです。そしたら何にもないR&B?でも少しゴーゴービートが入ってる…DISCOGS未掲載。
dntel4.Dntel - Anywhere Anyone
今回ほんとにむちゃくちゃで、これも全く知らずただレーベルが名前くらいは知ってたPlug Researchだったので買ってみた、エレクトロニカ?嫌いじゃないけど、もはや古い感じかな。DISCOGS
tanakaseiji5.田中星児 - ビューティフル・サンデー
ここからはネタな感じの7"です。彼の代表的カバーだと思いますが、ビューティフル・サンデーはさすがに厳しい…A面のほうが異国情緒もある素直な良曲。
aobajyou6.さとう宗幸 - 青葉城恋歌
神奈川テレビ(TVK)のサクサクって番組で話のネタとして取り上げてたので、おおそんな歌もあったな、と今回発見で買ったという経緯のこっちは彼のオリジナル代表曲ですね。心洗われますまじで。B面「昔きいたシャンソン」ってタイトル、テキトーすぎ(笑)
canada7.平尾昌晃&畑中葉子 - カナダからの手紙
これは以前シングルCDで取り上げましたが、7"で発見&このジャケはさすがに買わずにおれんでしょう!もろ合成、それもこれカナダなのか?なんなのか?の前でスキー後のロッジで記念撮影したかのような服装のあやしい二人。B面は「揺れる二人」初聴き。しか両曲ともにベタな名曲です。
jolene8.オリビア・ニュートン・ジョン - ジョリーン
海外のベタな方、知ってる曲で3番目くらいに好きかな。しかしドリーパートンの曲だったとは今回ラベルのクレジット見るまで知りませんでした。そっちも聴きたいな。
whatislove9.ハワード・ジョンズ - ホワット・イズ・ラブ?
これも関わったからには?買わずにはおれんでしょう!こっちは彼の知ってる曲で1番かも。いつ聴いても名曲です!オマケにジャケが開くとでかいポスター仕様になっておりうれしさ倍増!What is Love?
donpanbushi10.秋田民謡 - ドンパン節/秋田音頭
また秋田なんですが…前回のタント節以上に有名だと思います。聴いたことない人もいないと思いますが、ある意味非常にラジカル、特に歌詞の二番「みんなもここへ来て 唄って見れ なかなか思うように いかねもんだ」という言い訳を超えた自己批評にまで及ぶ姿勢は未だに新鮮です。ノリも非常にグルーヴィーで2.のゴーゴービートにも通じる土着性です。秋田音頭もあまりにも有名「コラ秋田名物八森鰰々(ハタハタ) 男鹿(おが)で男鹿ブリコ 能代春慶(しゅんけい)桧山納豆 大館曲わっぱ」にラップの源は秋田音頭だったのだ!と気づかされます。「コラ妻君ある人秋田に来るなら 心コ固く持て 小野小町の生まれ在所 美人がうようよだ」うーん行ってみたい。素晴らしいカップリング。
計800円也。