引き続きアナログ編。

underground1.Underground Crew, The - Orgasm (The Remixes)
シカゴハウスから。いったい誰やねん?とDISCOGSみたら現グリーンヴェルヴェットの変名でした。でもエグゼクティブプロデューサーにはディープハウスでは往年の名前Hula & K. Fingersも関わってるようで、今のグリーンヴェルヴェットの作風とはかけ離れてるディープさです。いまいち面白くないけど。同レーベルでは"Feel The Melody"という方が欲しい。DISCOGS
colonelabrams2.Colonel Abrams - So Proud
しばらくハウスで。というか本日はハウスデーです。こっちはニュージャージーの大御所スマックが関わってて彼らのレーベルから御大カーネルエイブラムスが出してた盤みたいです。とりあえず長い(So Longって書いてますし)&ドラマチックではありますね。スマック節でしょうか。くわしくないけど。DISCOGS
jmsilk3.J.M. Silk - Music Is The Key
いっそう古くなりまして、というかハウスシリーズでは一番古い曲かな、1985年物です。古すぎるスティーヴシルクハーリーの初期変名の実質デビュー曲のよう。D.J. Internationalのラベルといいたまらないですね。ミュージックイズザキー!DISCOGS
blaze4.Blaze - Can't Win For Losin'
そしてブレイズ。ブレイズもとうとう100円で買える時代となりました。昔この盤1500円くらいで売ってましたよ。そんなことはよく、初期ゆえの典型的ブレイズ節でちびりそうです。もちろん幸せ気分で。内容はシリアスそうですけどね。これまたQuarkレーベルのラベルもたまらない。DISCOGS
love&sas5.Love & Sas - Call My Name
そしてブレイズリミクシーズ、こっちはブレイズのイケイケサイドが出てる曲ですね。もちろん元のLove & Sasってのは全く知りませんけれど。ほぼこの曲だけの一発屋?DISCOGS
rockers6.Rockers Uptown - Magnificent
でロジャーSが関わってたユニット?唯一のシングルかな。師匠としてもかなり昔の作品('91年)ゆえのディープさがよいですね。この後はもうイケイケでしたからね。B面Ego Trip Mixがフルート音色のKey等で一番ディープ。DISCOGS
kymmazelle7.Kym Mazelle - Useless (The Remix)
彼女は辛うじて知ってたキムマゼル嬢、ハウス系ボーカリストですよね。この曲は作プロデュースがディープハウス神マーシャルジェファーソン&デヴィッドモラレスによるリミックス盤のようです。ちなみにノーマンクックによるリミックス盤もあるよう。そっちはべつに聴きたくないけど(笑)こっちはイケイケになる前のモラレスによる誠意のあるディープハウスリミクシーズかな。いやもうすでにイケイケか。DISCOGS
basnoir8.Bas Noir - Shoe-B-Doo
これも往年のハウスボーカル系グループ、バスノワールって読むのかな。読み方は知らないんですが、初期のNu-Grooveからの盤はプレミアム的になってると思うのですが、この盤のほうは大手アトランティックからなので安いのでしょう。他の盤でもプロデュースしてるケリーチャンドラーによるシュビドゥビドゥ〜のスキャット使い等、燻し銀のリミクシーズでディープ。DISCOGS
kerrijoe9.Kerri Chandler & Joe Claussell - Escravos De Jo
ジョーさんの所イバダンのプロモ盤も100円で買える時代となりました。ハウス人気ねえなー(笑)これも昔なら3000円くらいだったと思います。お蔭でこっちは名盤ザクザク堀り放題でウハウハなんですけどね!そんなこれもジョーさんとケリチャンさんによる夢の競演、ブラジリアンハウス。きもちいい〜でハウスシリーズ終わり。DISCOGS
maryjane10.Mary Jane Girls - Break It Up
でこれもハウス系には影響を少なからず与えてると思うファンキーギター弾きまくりリックジェームス入魂の?ガールズ系ユニットですね。奇しくも3.J.M. Silk - Music Is The Keyと同年だが、あまり類似性は認められない、ファンキーディスコファンクチューン。これも個人的には気持ちよい。DISCOGS
timeout11.Material - Time Out
そしてマテリアル。これは↑メリージェーンガールズとの類似性が認められるファンキーチューン。ただし82年作。マテリアルの小難しくないポップサイドがよく出ている良曲でしょうか。ナイスナンバー。DISCOGS
wildboys12.Duran Duran - The Wild Boys
あとはあまり物です(笑)この曲は好きなのです、なぜか。プロデュースはナイルロジャースだったんですね、どうりで、彼の良くも悪くも80's的展開が感じられる資料としての価値もあります。DISCOGS
eva13.Jean-Jacques Perrey - E.V.A.
でもってジャンジャックペリーの代表曲を↑で悪い事を言ってしまったファットボーイスリムがリミックス。でもこのバージョンはよいと思いますよ。極単純ですけどね。原曲も入ってるのでDISCOGSでほめてる人がいるよ。DISCOGS
money14.Various - Money No Trance
あーこんな盤買ってるよ「マネーの虎ンス」いやなにげなく4曲入りかつポールマスターソンやマイクコグリンなんていうそっち系では大御所も参加のようだったので。CDはただで売ってますよね(笑)当然DISCOGS未掲載。
kstyle15.K-Style - Best Hit Trance Forever
でこれもインチキな邦盤アナログ、こっちもグリーンコートやシステムFが参加だったので買ったまで。グリーンコートのが一番よいかな。DISCOGS未掲載。
funkstorung16.Funkstorung - Fat Camp Feva / Disconnected
数合わせ?のファンクストラング。今も流行ってる感じでしょうか。'04年作のようですがエレクトロニカヒップホップでこれ面白いのかな…DISCOGS
biffbang17.Biff Bang Pow! - Love's Going Out Of Fashion
最後は良心的にビフバンポウです。この曲はクリエイションスープというコンピで聴いてよい曲だなと思い、今回安かったので速攻で買いました。ガシャガシャヘナヘナのクリエイション王道路線ですね。でもB面は暗いね。これだけ378円也と中途半端な額(他オール100円)アナログ一押しとしときますか。DISCOGS